Q. サイボウズの売上におけるクラウド比率は?

Q. サイボウズの売上におけるクラウド比率は?

A. クラウド比率は65%、クラウド売上はYoY+31%。

今日の記事では、グループウェアを販売するサイボウズを取り上げてみたいと思います。

我々の世代であれば、サイボウズという名前は聞いたことがある人が殆どだと思いますが、もしかすると若い人はあまり聞いたことがないかもしれないので、どんな会社なのか簡単に説明したいと思います。

https://cybozu.co.jp/company/ir/meeting/pdf/181201.pdf
https://cybozu.co.jp/company/ir/meeting/pdf/181201.pdf

企業理念がここに書かれているように、チームワークを改善するためのグループウェアなどのソフトを販売する会社です。

 https://cybozu.co.jp/company/ir/meeting/pdf/181201.pdf
https://cybozu.co.jp/company/ir/meeting/pdf/181201.pdf

主な製品はこちらにある通り、会社名でもあるサイボウズという名前がついたサイボウズ Office、大企業中規模企業向けのグループであるGaroon、業務アプリを構築できるkintone、メール共有システムのメールワイズという、四つのプロダクトとなっています。

いずれの商品も、チームワークやグループワークを円滑にするためのプロダクトです。

サイボウズは歴史の長い会社で、現代のようにクラウドが流行する前から、サーバーサイドのソフトウェアを販売していました。当時は今で言うところのSaaSのように、月額課金でソフトウェア販売するのではなく、サーバーにインストールする形のパッケージソフトウェアを販売していました。

サイボウズはここ数年間で、パッケージソフトウェアの販売という形態から、月額課金型のサブスクリプション片方ビジネスモデルを大きく転換することに成功しました

今日はそのサイボウズの、クラウド型サブスクリプション型への転換成功事例をしっかり勉強したいと思います。

サイボウズ株式会社 2018年12月期 (第22期)決算 2019年度 (第23期)事業戦略説明会

商品ごとのクラウド化比率

初めに、売上全体に占めるクラウド比率を見てみましょう。

 https://cybozu.co.jp/company/ir/meeting/pdf/181201.pdf
https://cybozu.co.jp/company/ir/meeting/pdf/181201.pdf

グラフの青がパッケージ製品、オレンジがクラウド製品による売上となりますが、2018年の1年間においては、クラウド比率が65%まで達しており、YoY+31%で成長していることが分かります。

グラフを見て頂ければ分かるとおりですが、2007年から2012年頃までパッケージ製品の売上に依存していたため、売上が伸び悩んでいる時期がありましたが、サービスをクラウド上で提供し始めてからの売上は、ご覧のように右肩上がりで成長しています。

プロダクトごとのクラウド比率も見ていましょう。

kintoneに関しては、恐らく最初からクラウド版のみの提供であったため、クラウド比率が公開されていません。

 https://cybozu.co.jp/company/ir/meeting/pdf/181201.pdf
https://cybozu.co.jp/company/ir/meeting/pdf/181201.pdf

初めに大企業向けのグループウェアであるGaroonですが、2019年においては、グラフのオレンジであるクラウドがパッケージ販売を超える勢いで増えてきていることが分かります。

大企業向けの商品は、最もクラウド化の進捗が遅いのが普通ですが、ついにGaroonにおいても、2019年には過半数がクラウドになる予定とのことです。

 https://cybozu.co.jp/company/ir/meeting/pdf/181201.pdf
https://cybozu.co.jp/company/ir/meeting/pdf/181201.pdf

メールワイズに関しては、既に75%の売上がクラウドベースになっており、売上が増えている部分はほぼ全てクラウドだと言っても過言ではないでしょう。

サイボウズの決算資料を見ていると、クラウド化の進捗が遅れていると言われる日本でも、中小企業だけではなく大企業も十分クラウドや SaaS型のサービスを購入するトレンドが出来上がっていると言えるのではないでしょうか。

以下では、サイボウズがソフトウェアのパッケージ販売から、SaaS型への転換をどのように行ってきたのか、決算から読み取れる範囲で詳しく見ていきます。

この記事は、ソフトウェアなどのパッケージ販売(売り切り)のビジネスを担当されている方、SaaS(継続課金型)への転換を検討されている方、チームの生産性向上のためのソフトウェアビジネスに従事されている方に役立つ内容になっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・クラウド比率●●%に至るまでの道のり

・「人件費」を無駄に増やさないための施策 = ●●低下

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2019年5月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,000(記事9本)

2019年5月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ