Q. ライドシェアLyftのドライバーの平均年収は?

Q. ライドシェアLyftのドライバーの平均年収は?

A. 年収約60万円。

「ライドシェア」というと日本ではUberが有名かと思いますが、Uberのアメリカでのライバルと呼べるLyftが株式公開の申請をしました。

https://www.cnbc.com/2018/09/18/lyft-hits-1-billion-rides.html
https://www.cnbc.com/2018/09/18/lyft-hits-1-billion-rides.html

ちなみに、アメリカのライドシェア市場は、Uberが約69%、Lyftが約29%と、約2対1のマーケットシェアになっています。

このLyftという会社は、売上の成長スピードも凄まじいのですが、それだけではなく「ライドシェア」というビジネスを開拓したパイオニアでもあります。今までユニットエコノミクスが公開されてこなかったライドシェアビジネスの全体像がわかるデータがたくさん公開されているので、少しずつ読み解いていきたいと思います。

Lyft, Inc. FORM S-1(FORM S-1は、アメリカでの株式公開申請の際に米国証券取引委員会に提出する書類です。)

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm

こちらが全体の取扱高のグラフになります。ご覧いただければ分かる通り、右肩上がりで指数関数的に増加しています。

2018年の1年間で取扱高が$8.1B(約8,100億円)、売上が$2.2B(約2,200億円)でした。

乗客数は四半期あたり1,860万人で、累計の乗車回数は10億回を超えています。

詳細に入る前に、「ライドシェアの本質とは何か」ということに繋がる数字が公開されているので、そちらから見ていきたいと思います。

シェアライドの本質とは何か

 https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm

こちらがドライバーを表す特徴的なデータです。

91%のドライバーは週に20時間以下だけLyftの仕事をしています。そしてドライバーの34%が45歳以上です。

 https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm

こちらは乗客を分析したデータになります。

35%の乗客は自分で車を所有しておらず、52%の乗客は通勤にLyftを使っています。

44%の乗客の乗車もしくは降車地点が低所得地域になっており、所得が高くない層にも広く利用されているサービスだと言えるでしょう。

 https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm

こちらはライドシェアが社会全体にもたらす影響です。ぜひ日本の霞ヶ関の方にも読んでいただきたい数字です。

・34%の乗客はLyftを利用することでより多くの消費をするようになり、

・47%の乗客は自分が住んでいる地域で、より多くのエリアを探索できるようになり、

・14%の乗客バスや電車などの最寄りの公共交通機関までLyftを利用し、公共交通機関に乗り換えます。

このように、ライドシェアは今までタクシーがカバーできなかった、よりきめ細かい多様なニーズにマッチしたサービスが提供でき、結果として社会的なインパクトも生み出しているとも言えるのではないでしょうか。

売上・営業利益(成長率)

売上と営業利益も簡単に見ておきましょう。

 https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm

2018年の1年間で売上が約$2.16B(約2,160億円)で、前年同期比で約2倍になっています。この規模で売上が倍増するということは本当にすごい成長だと言えるでしょう。

営業利益は2018年の1年間で▲$911M(▲約911億円)で前年より赤字が大きくなっています。売上の半分程度の赤字を計上しているので、非常に大きな赤字にも見えますが、成長スピードとのトレードオフとも考えられるのではないでしょうか。

テイクレートは約29%

 https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm

2018年の1年間での取扱高は約$8.1B(約8,100億円)とのことなので、テイクレートは26.8%にものぼります。

 https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1759509/000119312519059849/d633517ds1.htm

このグラフからわかるように、テイクレートは右肩上がりで直近では28.7%になっています。

おそらく、昨年まではUber等とドライバー争奪戦が起こっていたため、ドライバー確保のためにテイクレートを抑えていたと考えられますが、徐々にドライバーから受け取る手数料を上げられるようになっているとも考えられます。

以下では、Lyftをケーススタディとして、ライドシェアビジネスのユニットエコノミクスを詳細に見ていきたいと思います。

ライドシェアビジネスのユニットエコノミクスは、これまでほとんど公開されたことがないと思いますので、貴重なデータになるのではないでしょうか。

この記事は、シェアリングエコノミー関連のビジネスを展開されている方、興味がある方、そしてマーケットプレイス型のビジネスを担当されている方に役立つ内容になっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・1乗客あたりの1ヶ月の乗車回数、月間消費額、乗車単価

・コンシューマー向けサービスでは非常に珍しい●●●●

・ドライバーの平均年収

・まとめ

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2019年3月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,000(記事7本)

2019年3月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ