Q. Dropboxの課金ユーザーの割合は?

Q. Dropboxの課金ユーザーの割合は?

A. 課金ユーザーは登録ユーザーの約2.5%程度。

私の記事をご覧頂いている方であれば利用している方も多いかと思いますが、今日はDropbox を取り上げて、個人課金ビジネスの、課金ユーザーの割合について見てみたいと思います。

Q4 2018 DBX Investor Presentation

https://investors.dropbox.com/static-files/6891cc38-87ff-4aa4-8925-6bc95797ba78
https://investors.dropbox.com/static-files/6891cc38-87ff-4aa4-8925-6bc95797ba78

Dropboxと言えば、この図の左側にあるように、元々はクラウド上のファイル同期ソフトとして始まりましたが、今では図の右側にあるように、チームにおけるコラボレーションを実現するためのソフトに進化しています。

https://investors.dropbox.com/static-files/6891cc38-87ff-4aa4-8925-6bc95797ba78
https://investors.dropbox.com/static-files/6891cc38-87ff-4aa4-8925-6bc95797ba78

ファイル同期ソフトとしての市場規模は$25B(約2兆5,000億円)程度ですが、コンテンツコラボレーションプラットフォームになると市場規模が$50B(約5兆円)となり、まだまだ大きな市場を狙えるのが、Dropboxです。

初めにDropboxの2018年10月から12月期の決算を、簡単に見ておきましょう。

Dropbox Announces Fourth Quarter and Fiscal 2018 Results

Dropboxの売上の前年同期比成長率は?

https://goo.gl/pyKDMC
https://goo.gl/pyKDMC

四半期ベースで、売上が$375.9M(約375.9億円)、YoY+23%で成長しています。

年換算すると$1B(約1,000億円)を超える売上規模になっているにも関わらず、かなり良いペースで成長していると言えるのではないでしょうか。

Dropboxは黒字?赤字?

上の表を見ると、営業利益が△$12M(約12億円)となっており、GAAPベースでは赤字の会社ですが、ここは少し注意が必要です。

https://goo.gl/2D4uJL
https://goo.gl/2D4uJL

キャッシュフロー計算書を見ると、本業からのキャッシュフローがプラスの$123.7M(約123.7億円)となっており、前年同期の$71.1M(約71.1億円)から比べると、大きく改善していることが分かります。

設備投資に$35.4M(約35.4億円)を投資していますが、フリーキャッシュフローが$88.3M(約88.3億円)あり、フリーキャッシュフローマージンを見ると23.5%と、キャッシュフローベースでは大きな黒字となっています。

キャッシュフローがこれだけ大きなプラスであるにも関わらず、営業利益がマイナスになっているのは、株式報酬の割合が大きいからです。

https://investors.dropbox.com/static-files/6891cc38-87ff-4aa4-8925-6bc95797ba78
https://investors.dropbox.com/static-files/6891cc38-87ff-4aa4-8925-6bc95797ba78

四半期当たり$53.5M(約53.5億円)の株式報酬を計上しており、この株式報酬などを除外したNon-GAAPベースで見ると、営業利益が$41.5M(約41.5億円)の黒字になっていたことも見て取れます。

このようにキャッシュフローは既に大きな黒字になっており、23.5%と大きな利益率を出しているDropboxですが、以下では、課金ユーザー数や、1ユーザーあたりの売上などのユニットエコノミクスを、詳しく見てみたいと思います。

Dropbox以外にも、世の中には多くの個人課金サービスが存在しますが、Dropboxと同じスケールで大きくなっている会社はあまりありません。そういった意味で、Dropboxのこれらの数字を頭に入れておくことは、今後様々なビジネスを考える上で、必ず役に立つはずです。

この記事は、個人課金ビジネスを担当されている方、中でも継続課金型のビジネスを担当されている方、個人向けのユーティリティサービスを提供されている方、また中小企業向けの BtoBのサービスを提供されている方に役立つ内容になっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Dropboxのユーザー数、課金ユーザー数の詳細

・Dropboxの1登録ユーザーあたりの売上(ARPU)は?

・Dropboxの1課金ユーザーあたりの売上(ARPPU)は?

・まとめ

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2019年3月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,000(記事7本)

2019年3月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ