Appleが成熟市場でも成長を続けることができる理由をご存知ですか?

https://www.apple.com/iphone/

楽しみにしていた方も多いかと思いますが、ついに新しいiPhoneが発売になりましたね。

今日はこれに際してAppleの決算と、「スマホ市場という成熟市場の中でAppleがどのように成長戦略を立てているのか?」ということを読み解いてみたいと思います。

はじめに決算の概要を見ていきましょう。

Apple Inc. CONDENSED CONSOLIDATED STATEMENTS OF OPERATIONS

https://www.apple.com/newsroom/pdfs/Q3FY18ConsolidatedFinancialStatements.pdf
https://www.apple.com/newsroom/pdfs/Q3FY18ConsolidatedFinancialStatements.pdf

売上は2018年の4月~6月の3ヶ月間で$53B(約5.3兆円)、営業利益は$11.5B(約1.15兆円)と、とてつもない規模感になっています。それ以上に驚くべきことは売上・営業利益共に前年同期比で+約17%と二桁成長を続けているということです。

プロダクト別の売上と成長率

Appleのプロダクトといえば、スマホ・タブレット・コンピューターと既に市場が飽和しているようなものばかりですが、この会社規模、かつ成熟市場で二桁成長を続けられているというのは一体どのような仕組みなのでしょうか?

プロダクト別の売上と成長率を見てみます。

Apple Inc. Q3 2018 Unaudited Summary Data

https://www.apple.com/newsroom/pdfs/Q3FY18DataSummary.pdf
https://www.apple.com/newsroom/pdfs/Q3FY18DataSummary.pdf

まず各プロダクトの四半期あたりの売上です。

 iPhone:約$30B(約3兆円)

 iPad:$4.7B(約4,700億円)

 Mac:$3B(約3,000億円)

 サービス売上が$9.5B(約9,500億円)

 その他のプロダクトが$3.7B(約3,700億円)

という内訳になっています。

図の一番右の(Year/Year Change)が前年同期比になります。販売した製品数で見るとiPhoneはYoY+1%とほぼ横ばいであるのに対して、売上ベースで見るとYoY+20%となっています。

この数字から、一台当たりのiPhoneの購買価格が約20%上がっていることが分かると思います。

以下では、成熟市場でマーケットシェアが高いわけでもない状況であるにも関わらず、「販売台数は横ばい・売上増」という状況がどのようにして生まれているのか、というのを詳しく見ていきたいと思います。

この記事は、AppleやiPhoneのファンであるという方、成熟市場で成長に苦しんでいるという方、大企業のCEOになりたいという方にオススメの内容です。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・2016年と2017年のiPhoneの価格を調べてみると...

・今年(2018年)のiPhoneの「値上げ」は昨年と比べてどのレベルなのか?

・最高級機種iPhone Xs Maxの売れ行きの初速

・Appleが成熟市場でも成長を続けることができる理由

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2018年10月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,000(記事3本)

2018年10月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

知らない世界を「動画」で発見。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ