格安な海外送金を可能にするTransferWiseのビジネスモデル

https://transferwise.com/

今日の記事では、海外送金を格安で行えるようにするTransferWiseを取り上げてみたいと思います。

皆さんは、海外送金をされたことがありますか?海外送金というのは実はとても手数料が高くつきます。

海外送金シミュレーター

https://www.rakuten-bank.co.jp/geo/remittance/charge/simulation.html
https://www.rakuten-bank.co.jp/geo/remittance/charge/simulation.html

例えば、日本からアメリカに$100(約10,000円)分を送金しようとすると、楽天銀行の場合、手数料を含めて13,057円かかることになります。

手数料の内訳を見てみると、送金手数料が750円、海外中継銀行手数料が1,000円、そして為替レートが113.07円となっています。

これを計算した時点では$1=112.07円のタイミングでのシミュレーション結果になりますが、為替手数料も合わせて考えると、手数料が合計で1,850円かかっていることになります。

$100(約10,000円) = 11,207円なので、1,850円の手数料は実に16.5%にもなります。

このように、比較的少額の金額を海外送金しようとすると手数料がとても割高にかかるというのが海外送金です。

TransferWiseの例

一方で、同じ$100(約10,000円) を、TransferWiseで日本からアメリカに送金しようとすると、いくらかかるのでしょうか。

TransferWiseの手数料

https://transferwise.com/pricing/jpy-to-usd
https://transferwise.com/pricing/jpy-to-usd

これを見れば分かるように、実際に必要な金額は11,368円です。楽天銀行の場合と比べて、1,689円節約出来ていることになります。

$100(約10,000円)= 11,207円なので、手数料は162円、送金額の1.4%で済んでいることになります。

https://transferwise.com/pricing/jpy-to-usd
https://transferwise.com/pricing/jpy-to-usd

TransferWiseの手数料は、円からドルへの送金の場合、送金一回につき、総金額の0.55%と固定費100円がかかります。

TransferWiseは、通常の銀行と比べて圧倒的に低い手数料で送金が可能になっているわけですが、一体どのような仕組みでこれを実現しているのでしょうか。

TransferWiseの仕組みとビジネスモデル

この図が分かりやすいので、簡単に説明してみたいと思います。

https://www.quora.com/How-does-TransferWise-work
https://www.quora.com/How-does-TransferWise-work

左側にいるドイツのユーザーが、右側にいるイギリスのユーザーに送金をしたいとします。

通常の場合であれば、ドイツの銀行からイギリスの銀行へ海外送金をすることになりますが、TransferWiseの場合は、ドイツのユーザーがドイツの国内にあるTransferWiseの銀行口座に送金を行います。

すると、受取人であるイギリスのユーザーには、イギリス国内のTransferWiseの銀行口座から入金が行われます。

TransferWiseは、このような海外送金を行うユーザーをたくさん抱えているため、実際には反対向きの、イギリスからドイツへの海外送金を行うユーザーもいるため、実際にドイツとイギリスの間の海外送金を行わずに、バーター取引を成立させることが可能です。それによって、大きな手数料をユーザーから取ることなく、安価な海外送金を実現しているというわけです。

取扱高・売上

TransferWiseはまだ上場していない会社ですが、いくつか財務情報が公開され始めたので、取扱高と売上を簡単に整理してみたいと思います。

Fintech start-up TransferWise reports second year of profit, revenue almost doubles

2016年度の売上: £66M($85M)(約85億円)

2017年度の売上: £117M($151M)(約151億円)

ユーザー数: 400万ユーザー

取扱高: 月間$3.9B(約3,900億円)= 年間$46.8B(約4兆6,800億円)

これ以外にも、2017年度は税引き後の純利益が$8M(約8億円)あったと報告されていますし、ユーザー数は過去12ヶ月間で2倍になったとも言われています。

非常にヴァイラルに成長しやすいプロダクトの性質というのもあるかと思いますが、既に黒字化されていて、ユーザー数も年間100%の成長というのは、とても絶好調だと言えるのではないでしょうか。

以下では、TransferWiseのテイクレートとユニットエコノミクスを分析し、同社の成功要因を考察してみたいと思います。

この記事はフィンテックビジネスに興味がある方既存の金融機関で働かれている方海外とのクロスボーダー取引に関心がある方に役立つ内容になっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・テイクレートとユニットエコノミクス

・TransferWiseの成功要因

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2018年10月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,000(記事3本)

2018年10月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

<クリエイター×動画>で、あなたの明日にワクワクを

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ