中国版グノシー「Qutoutiao」が遂に上場!ニュースアプリの1日あたりの起動回数いえますか?

http://www.qutoutiao.net/

今日の記事では、中国版のグノシーとも言えるQutoutiao(趣頭条)を取り上げたいと思います。

「趣頭条」とは、fun headlinesという意味で、まさに日本で言うところのグノシーのようなニュースアプリで、アメリカで$300M(約300億円)規模のIPOを行うことを発表しました。

中国で最大のニュースアプリToutiao(今日頭条)には及びませんが、それでも、日本では考えられないスピードで成長しているので、詳しく見ていきましょう。

Form F-1 Qutoutiao Inc.

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm

ここに書かれている通り、コンテンツを通じてユーザーに楽しみと価値を届けるというのがミッションになっています。

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm

2018年の7月時点では、MAUが4,880万人、DAUが1,710万人、DAUあたりの滞在時間が55.6分と、驚異的な数字が並んでいます。

We primarily focus on providing light entertainment content that will most resonate with our target users, who live in tier-3 and below cities in China.

このアプリが特徴的なのはこの点で、Tier 3の都市(つまり田舎)に注力している点です。そういった意味でも、どちらかというと、スマートニュースというよりはグノシーに近いと理解しておけばよいのではないでしょうか。

売上・営業利益

はじめに売上と営業利益を見てみましょう。

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm

2018年の前半6ヶ月間で売上が$108M(約108億円)、営業利益が△$79M(約△79億円)となっています。

2017年の前半半年間での売上が$16M(約16億円)だったことを考えると、実に6倍以上の成長を遂げており、赤字幅も△$4M(約△4億円)から△$79M(約△79億円)と、大きく投資をしていることがわかるかと思います。

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm

四半期ベースで見るとさらに強烈で、表の右側をご覧いただければ分かる通り、2018年の第1四半期と第2四半期で売上が2倍以上になっています。

営業費用の内訳

また、営業利益が赤字なので、どのような営業費用が発生しているが詳しく見てみましょう。

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm

R&D費用は売上の8.8%、営業マーケティング費用は売上の116.6%、一般管理費が売上の27%という構成になっています。

これを見れば明らかな通り、ユーザー獲得のためのマーケティングに、売上よりも大きな費用を投じていることがわかります。

https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm
https://www.sec.gov/Archives/edgar/data/1733298/000119312518251751/d545022df1.htm

従業員数を見ると、コンテンツ管理の担当者とエンジニアがほぼ同数であり、営業マーケティング関連の人数は決して多くないことから、かなり多額の金額をマーケティングや広告費用に投じていると考えてよいでしょう。

以下では、このアプリのユニットエコノミクス、そこから1ユーザーあたりの獲得費用、ARPU、マーケティング費用の回収期間を計算した上で、非常に特徴的なロイヤリティプログラムの詳細を見てみます。

さらに、中国のニュースアプリの1日当たりの起動回数のデータも、合わせて掲載しておきました。

この記事はメディアビジネスご担当されている方、特にニュースメディアを担当されている方、モバイルで広告系のビジネスを担当さされている方に役立つ内容になっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Qutoutiao(趣頭条)のユニットエコノミクス

・Qutoutiao(趣頭条)の1ユーザーあたりの獲得費用・ARPU・マーケ費用の回収期間

・Qutoutiao(趣頭条)のユーザー獲得のためのロイヤリティプログラム

・中国のニュースアプリ市場から学ぶニュースアプリの起動頻度

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2018年10月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,000(記事3本)

2018年10月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ