「QRコード決済」を制するのは誰だ?「QRコード決済」の次に必要になる周辺サービス

https://goo.gl/bvDZvS

今日はQRコード決済を取り上げたいと思います。

QRコード決済と言えば、先日、Yahoo! JAPANがソフトバンクとの合弁会社を設立する発表をしただけでなく、楽天も楽天ペイアプリを使っての店舗でのQRコード決済を開始しています。さらに多くのスタートアップが狙っている非常に大きな市場であることは間違いありません。

そんな中でも、QRコード決済や個人間送金において先進的なプレイヤーであるLINEは、まとまった情報を決算で開示しています。

今日はLINEの決算資料を中心に読み込みつつ、アメリカの店舗POS決済における先進的なプレイヤーであるSquareとの比較をしてみたいと思います。

2018年12月期第2四半期決算説明会 LINE株式会社

はじめに、LINEの決算概要に簡単に触れておきたいと思います。

https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/all/FY18Q2_Presentation.JP.pdf
https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/all/FY18Q2_Presentation.JP.pdf

売上は四半期で506億円の規模にまで成長しており、YoY+21.8%と高い成長率を維持して成長していることがよくわかります。

このグラフの中で「LINE Pay」は水色の「戦略事業」という部分に分類されます。

ちなみに、LINE PayはLINEが提供するスマホのおサイフサービス。クレジットカードや銀行口座、コンビニからチャージしておくと、店舗でのキャッシュレスな支払いはもちろん、LINEの友達間での手数料無料での送金や割り勘が可能になるサービス。既存のLINEアプリからすぐに利用を開始できます。

https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/all/FY18Q2_Presentation.JP.pdf
https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/all/FY18Q2_Presentation.JP.pdf

LINE Payを含む戦略事業は四半期当たりの売上が61億円とYoY+41.7%で成長していますが、営業赤字が69億円と売上を超える規模の赤字を出しています。

事業部分類名の通り、戦略的に非常に大きな投資を行っていることがご理解いただけると思います。

LINE Payの1店舗あたりの取扱高

https://line.me/ja/pay
https://line.me/ja/pay

ご存知の方も多いかと思いますが、LINE Payというのは個人間送金だけではなく、QRコードでお店で支払いができるという機能も保有しています。

https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/all/FY18Q2_Presentation.JP.pdf
https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/all/FY18Q2_Presentation.JP.pdf

LINE Payの取扱高は四半期当たり1,950億円まで増えており、YoY+83.1%というとても早いペースで成長しています。

LINEアプリのインストールベースは特に日本では圧倒的な規模がありますが、LINE PayがQRコード決済の中心プレイヤーになるためには、多くの店舗でLINE Payによる支払いが行えるようになる必要があります。

https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/all/FY18Q2_Presentation.JP.pdf
https://scdn.line-apps.com/stf/linecorp/ja/ir/all/FY18Q2_Presentation.JP.pdf

こちらのスライドにある通り、現時点で既に9.4万箇所でLINE Payが利用できるだけではなく、全国72万箇所に既に導入されているQUICPayとの提携により、LINE Payの利用可能店舗数を2018年に100万店舗まで増やすという点においても、順調に進捗していると言えるのではないでしょうか。

仮に取扱高の全てが日本で発生しているとして、現時点で9.4万店舗での利用だとすると単純計算すると1店舗あたりのLINE Payの取扱高は月刊あたり約69万円という計算になります。

年換算すると、1店舗あたり約830万円の決済がLINE Payによって行われているという計算になりますので、決して悪い数字ではないのではないでしょうか。

(2017年の4Qの取扱高が台湾での保険料納付の影響で跳ね上がっているという記載と、2018年4月以降、台湾の月間取扱件数が1,000万件を突破と記載されているので、全部が日本で発生していると言う想定は現実的な数字ではないかもしれませんので、これらはあくまで概算値とご理解ください。)

さて、以下ではQRコード決済市場の今後を占う意味で、アメリカですでにPOS市場における大きなマーケットシェアを取りつつあるSquareの事例と施策を分析しつつ、今後日本のQRコード決済市場において、どのようなセグメントでの利用が期待できるのか?、一店舗あたりの売上を増やすためにどのような施策が必要なのか?、そして今後QRコード決済の周辺で必要になるのはどのようなサービスなのか?ということを分析していきたいと思います。

この記事はQRコード決済サービスを担当されている方、実店舗を運営していてQRコード決済の導入を検討されている方、Fintech領域で新サービスを担当されている方、スタートアップでQRコード決済周辺サービスを担当されている方に役立つ内容になっています。

特に日本のQRコード決済市場への大手企業の急激な投資状況を見るに、これらの大手企業が今後必要になるであろうサービスをスタートアップが構築していくと大きなM&Aが見込める可能性もあります。そういった意味でも参考になる記事になれば幸いです。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・「POS代替市場」で利用されるであろう巨大な3つのセグメント

・1店舗あたりの売上を上げるためにSquareが行った施策

・「QRコード決済」の次に必要になる周辺サービスその1

・「QRコード決済」の次に必要になる周辺サービスその2

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2018年8月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,018(記事5本)

2018年8月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ