Netflixのユーザーはどのデバイスで動画を視聴しているかご存知ですか?

https://flic.kr/p/vsTUgA

今日は、Netflixに関して書いていきたいと思います。

前半で簡単に決算の概要をおさらいした上で、後半ではNetflixのユーザーが動画を視聴する際にどのようなデバイスを使っているのかをデータとともに紹介していきます。

売上はYoY+40.4%と成長率が加速

はじめに2018年1月から3月の決算を簡単に振り返ります。

毎回書いていますが、Netflixは決算の発表がとても早い会社です。

今回は1月から3月までの決算を4月16日に開示しています。つまり四半期が終わってから、たった16日で決算発表をしていることになります。

 https://ir.netflix.com/static-files/419958ac-5fd7-4bcd-9fb1-ebca445a9016
https://ir.netflix.com/static-files/419958ac-5fd7-4bcd-9fb1-ebca445a9016

売上はYoY+40.4%の$3.7B(約3,700億円)でした。

動画ストリーミングビジネスに至ってはYoY+43.2%と圧倒的なスピードで成長しています。

成長スピードが速いのはもちろんなのですが、それ以上に凄いのが前年同期比の成長率が加速していることです。

図中「Revenue」の下行「Y/Y Growth」が売上高前年同期比の成長率の推移です。

 https://www.statista.com/chart/10311/netflix-subscriptions-usa-international/
https://www.statista.com/chart/10311/netflix-subscriptions-usa-international/

このグラフはNetflixの有料会員数の時系列での推移になります。赤がアメリカ国内、青がアメリカ以外のグローバルを表しています。

これを見れば分かる通り、アメリカ国内で有料会員数が右肩上がりで増えているだけではなく、それにグローバルの会員数の増加が上乗せされ、全体のグラフとしては非常に大きな角度で右肩上がりになっています。

コンテンツ制作への投資も加速

 https://ir.netflix.com/static-files/419958ac-5fd7-4bcd-9fb1-ebca445a9016
https://ir.netflix.com/static-files/419958ac-5fd7-4bcd-9fb1-ebca445a9016

ストリーミングコンテンツに投資した投資残高が$17.9B(約1.8兆円)もあり、その大きな投資のせいもあってフリーキャッシュフローはマイナスの$287M(約287億円)と大きく現金が流出している状態です。

償却前の営業利益(EBITDA)を見ると、$534M(約534億円)のプラスとなっていますので、営業利益は黒字であるにも関わらず、それを遥かに上回る額をコンテンツに投資しているというのが現時点でのNetflixの実態になります。

We’ll have $7.5-$8 billion of content expense (on a P&L basis) in 2018 across a wide variety of formats (series, films, unscripted, docs, comedy specials, non-English language) to serve the diverse tastes of our growing global membership base.

決算資料の中にもあるように、2018年は約$7.5B~$8B(約7,500億円~8,000億円)のコンテンツ投資を行うと宣言しており、投資対象としてはシリーズものや映画ドキュメンタリー、コメディ、英語以外のコンテンツなど幅広く投資する予定であると書かれています。

世の中にはNetflix以外にも多くの動画ストリーミングサービスが存在するため、Netflixは「オリジナルコンテンツに大きく投資をして、ラインナップを充実させることを有料会員数を増やすための差別化要因にする」いう戦略を取っており、少なくとも現時点ではどの会社よりも早く成長しているので、この戦略が奏功していると言えるのではないでしょうか。

決算の概要は以上になります。以下では少し異なった視点からNetflixの現状を見てみたいと思います。

タイトルにも書いた通り、皆さんはNetflixのユーザーがどのデバイスで動画を見てるのかご存知でしょうか?

デバイス別の動画ストリーミングサービスの利用実態のデータを見つけたので、ご紹介しつつ考察していきたいと思います。

最後には少しだけ、サイバーエージェントのAbemaTVとの比較もしてみます。

コンテンツビジネスをされている方、テレビ業界やインターネット業界で動画ビジネスに携わっている方、動画広告に携わっている方に役立つ内容になっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・Netflixユーザーはどのデバイスで動画を見ているのか?

・Netflixユーザーの会員登録時、1ヶ月後、6ヶ月後の利用デバイスは?

・国別のデバイス利用状況

・AbemaTVとの比較(AbemaTVのユーザー継続率を上げるには?)

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2018年5月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,000(記事5本)

2018年5月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

世界を発見する、想いを伝える