成長スピードが加速し、ついに黒字化が見えたクラウドワークスの成長戦略

https://goo.gl/Vfyzdg

今日はクラウドワークスの決算を読み解いてみたいと思います。

最初に結論を書いておくと、クラウドワークスはここに来て成長スピードが異常に加速しているように見えます。今日はそのあたりを詳しく掘り下げていきたいと思います。

ご存知の方も多いかと思いますが、クラウドワークスは仕事を発注したい人と受注したい人のためのマーケットプレイスを提供する会社です。

https://goo.gl/xo3n8h
https://goo.gl/xo3n8h

決算資料のはじめの方のページに、いつもこのようにクラウドワーカーに対して支払った報酬額が記載されており、個人的にはとても好感が持てる決算資料だなと思っています。

https://goo.gl/2YAzKx
https://goo.gl/2YAzKx

背景としては、いわゆる「働き方改革」が叫ばれる中、副業をしたい人や興味がある人が増えてきており、クラウドワークスの提供するサービスは、大きな社会のトレンドに乗っているとも言えます。

総契約額はYoY+68.2%の23億円

まずは2017年10月から12月期の決算を見てみましょう。

https://goo.gl/Zs3YBT
https://goo.gl/Zs3YBT

総契約額は23.2億円でYoY+68.2%、売上は13.5億円でYoY+122.6%、売上総利益は5.7億円でYoY+74.7%と大きな成長となっています。

そして、念願の営業黒字までもう一歩というところまで来ています。実際EBITDAベースでは常に黒字化しています。

(EBITDAベースで黒字化=減価償却や支払利息、特別損失などを差し引いた、本業のキャッシュフローベースでは黒字化している状態です。)

ここまでが今回の四半期のサマリーです。

https://goo.gl/K51xuS
https://goo.gl/K51xuS

さて、今回の記事の本題ですが、このグラフを見ればわかるように総契約額が増えているだけではなく、その成長スピードが右肩上がりで加速しているように見えます。

一体何が起こっているのでしょうか?

クラウドワークスの事業セグメント

この成長スピードが加速している背景を詳しく見るために、まずはクラウドワークスの事業セグメントを見てみましょう。

https://goo.gl/VCwkBi
https://goo.gl/VCwkBi

一つ目は、「ダイレクトマッチング」と呼ばれる、いわゆる受注者と発注者のオンラインマーケットプレイスです。

二つ目は、単なるマーケットプレイスではなく、同社のスタッフがマッチングを仲介する「エージェントマッチング」と呼ばれる事業です。

三つ目は、クラウドワークス社がクライアントに対してサービスを提供する「ビジネスソリューション」と呼ばれるサービスになります。

以下ではこれらのセグメントのうち、「どのセグメントがどのような理由で成長しているのか?」を決算資料から読み取れる範囲で詳しく見ていきたいと思います。

「働き方改革」に関連する仕事に携わっている方、新規事業を担当している方、担当事業の成長スピードをさらに加速させたいと思っている方に参考になる記事になっています。

----

ここから先は、有料コンテンツになります。月額1000円の定期購読をご購入ください。定期購読では1ヶ月あたり4本程度の有料記事が追加される予定です。

定期購読は初月無料です。月末までに解約すれば費用はかかりません。購読開始した月以降の有料記事が読めるため、月末に購読開始しても不利にはなりません。

有料版をご購入いただくと、以下のコンテンツをご覧いただけます。

・会計方針の変更とKPIの因数分解

・稼ぎ頭のセグメントはどこ?

・クラウドワークスの成長率が再加速した理由

----

この記事は有料です。
決算が読めるようになるマガジンのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

決算が読めるようになるマガジンのバックナンバー2018年4月サンプル記事

シバタナオキ

価格

1,000(記事4本)

2018年4月号の有料記事一覧

すべて見る

アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業や社会の次の動きはすべて「数字」が物語っている――。アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、企業の決算情報から「次の一手」を読み解くコラム。経営者だけでなく、決算を基礎から学びたいビジネスパーソンや学生にも役立つ情報を届けます。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ