先日、水漏れがする手洗いの

水道栓を直してもらいました。

最初、見に来た人は

「ああ、これは○○社の

代理店が近くにあるから

そこへ頼んだ方が簡単」と。

電話をすると

すぐに飛んできて

直してくれました。

いまや、ネットがあるから

サービスの人が来る前に器具名と

どこが悪いのかも

分かっておりました。

その修理指南書をPDFで

読んでいると楽しかった。

「ここが弛んでしまったから

水漏れがするのか」と

見えてくるのです。

たいして、

難しい理屈ではありませんが

大きなカバンを担いだ

青年が直してくれると

ありがたいと思いました。

古代ローマ人の土木工事とか

すでに緻密に計算して

物理的な重さを支えていました。

抽象的な物事を

理解した人も偉いけれど

土木などの実務の人もすごい!

そうした1000年前の人も昼飯を食べながら

午後の「手順」を考えていたはず。

そう、中学校くらいで

一回、全生徒が「手仕事」を

修得するのは、みんなを

賢くすると思う。

先輩の凄さと

「手順」の大切さを

学べるし。

生きていく「手触り」を

感じられるのではないかな。