いつも大きなリュックやカバンを

持ち運ぶ人がいます。

仕事で必要なら納得が

いきますが、そうでもなくて。

ただ、大事だからと

持って歩くのです。

「重くない?」と聞くと

「重い」と答えます。

「じゃあ、少し、減らせば」

というのですが

それでも、入れっぱなし。

そうそう、小学生くらいから

「持ち歩く人」と「手ぶらの人」は

分かれるみたい。

詰め込みすぎのランドセルの子は

何かあったときに安心だし

前夜に準備しないですむので

ラクだと主張します。

スカスカのランドセルの子は

教科書をバラバラにして

授業で使う部分だけを

持参したりします。

観察していると、この傾向は

大人になっても続くようで。

「持ち歩く人」は

大事に運んでいるモノたちで

自分を守っているのでしょう。

「手ぶらの人」は

身一つで世の中に

立ち向かえばいいと

どこかで思っています。

日常的な荷物の量で

その人の性格が見えてくる。

もちろん、どちらが

良いという話ではありません。

たぶん両者は

生き方も違っていて。

一方は、過去の思い出を捨てずに

どっさりと持ち運んでいく人。

他方は、過去に拘泥せず

毎日、手ぶら感覚で

まっさらに生きている人。

そうした違いがあるのでしょう。