基本的に、優しい人は

ニコニコしながら

柔らかい応対をしてくれます。

でも、中には渋い顔つきのまま

優しい人もいるのです。

最初に話を切り出したときに

表情がゆるまないと

「ああ、頼んでもムダだ」と

諦めてしまう人がいます。

でも、きちっと礼儀正しく

お願いをすると、最後に

「よし、分かった」と

承諾してくれたりして。

そうした経験はありませんか。

笑顔をする、しないは

文化によっても異なります。

日本のような愛想笑いを

してくれない国は結構多いですね。

大切なのは相手の目を見ること。

こちらの話を真剣に

聞いている様子なら

脈があります。

話にウソがない、あるいは

こちらが本当に困っている…

そうした事情が見えれば

OKのサインが出るはず。

社内の上司にもいるでしょ?

苦虫をかみしめたような顔つきで

人の話を聞いているのか

聞いていないのか、よく分からない。

でもね、意外に

こうした人が口の軽い人よりも

本当に優しかったりするのです。

早合点はいけない。