美術館でもビジネスパーソン向けの

セミナーが開かれる時代です。

アート・シンキングが

注目されています。でも

あまり難しく考える必要はありません。

学校の美術の授業を

思い出してみましょう。

写実画の場合、描く対象を

じっと観察します。

そのうち、気づかなかった

微細な部分が見えてくる。

影の存在が大切なことも

分かってくる。

対象の構造が透けてきて

絵の構図を決めるのに

役立ちます。

抽象画の場合だと

何を描くのかをイメージします。

何だか分からないけれど

大きな円が2つ重なり合う感じとか…

絵を描くなかでの

そうした思考プロセスを

「自覚」することが大切です。

観察、イメージの創出、構成…

これって、商品開発などでも

同じ手順を踏むわけです。

アートの面白さは

縛るものが一切ないなかで

前へ進むことです。

模写の場合はどうかという疑問を

抱く方もあるかも知れません。

対象をそっくりまねる。

でも、うまくいかない。

「あっ、この画家はこんなテクニックを

使っているのか」とやがて見えてくる。

これも、ビジネスで使えますね。

他社の商品開発の過程を

ていねいに頭のなかで

シミュレーションするのです。

「A社の場合、既存商品の

あの弱さを補おうとしたのだな」

「でも、A社にはそれを補う

技術がない。そこで、方向転換して

この商品へと飛躍したのか」など。

写実画を描く。

抽象画に挑む。

模写に努める。

いずれもアートを生み出す過程に

ヒントが詰まっています。

手を動かすことが

新しい思考スタイルを教えてくれるのです。