「あうん」とは阿吽と書きます。

サンスクリット文字の

最初と最後の音だとか。

あうんの呼吸は、ツーカーの仲のこと。

細かくすべてを伝えなくても

意思が通じることを言いますね。

仕事仲間とも、あうんの呼吸だと

効率がいいのですが…

最近は、難しくなってきました。

働く人々が多様になれば

バックグラウンドも異なります。

黙っていても通じることは

当然、減ってきます。

では、あうんの呼吸は

トレーニングができるのでしょうか。

それは、できます。

お宅にペットがいるなら

お分かりの通り、お互いに

あうんの呼吸ですよね。

でも、最初からではありません。

こちらの思いを

口に出して、やってみせて

少しずつ意思疎通をしていきます。

同じように

最初は明確に言葉で

すべきこと、してもらいたいことを

説明しましょう。

場面ごとに

そうしたことを積み重ねれば

ツーカーの仲になれます。

あうんの呼吸には

視線を合わせることが大切。

目を見て、うなずく。

それだけで次にすべきことが

通じるのですね。

そう言えば、刑事ドラマでは

よくそうしたシーンに出会います。

最初から諦めないで

あうんの訓練をしましょう。