マイクロプラスチックならぬマイクロニュースとは?

マイクロプラスチックは

海に漂う微小なプラスチックのかけら。

私たちの使った

プラスチック製品の一部が粉々になって

海水の中に浮遊し沈殿していく。

小さな粒子なので魚たちも

のみ込んでしまっているようです。

このイメージから

マイクロニュースを思い浮かべました。

毎日の情報空間に漂う

プラスチックのかけらのようなニュース。

私たちは注意してものみ込んでしまいます。

でも、ほとんどはフェイクニュースの断片か

あまり意味のない出来事のかけらです。

大切なのは、身体の栄養になる情報。

魚でいえば本物のエサ。そして

海流の動きなどに該当するマクロな情報です。

マイクロプラスチックには

有害なものも含まれています。

マイクロニュースも

日々摂取すると

思考回路に悪影響があるかも。

微小な事件に一喜一憂して

時には「炎上」などに遭遇しても

あまり良いことはありません。

情報という栄養は

私たちを賢くして

リスクを遠ざけてくれます。

あるいは私たちを前向きにして

生きている実感を高めてくれます。

マイクロプラスチックによる

海洋汚染だけでなく

マイクロニュースによる

情報汚染にもご注意を。