AKBアイドルから学ぶ就活必勝法とは? ~岩佐美咲インタビュー~

3rdシングル『鞆の浦慕情』の撮影のため、広島県福山市鞆の浦に

雑誌などで、多くのインタビューを手がけてきた経験上、

人それぞれのオリジナルの考え、キーワードというものがあると確信します。

とくに、成功者、経験者が語る言葉には説得力があるものです。

言葉にちりばめられた独特の感性や人生観はキャラクターであり、キャリアになります。

子供から大人、年齢も職業も関係なく、すべての人が何かの成功者であり、経験者です。

「どんな人でも何かの達人である」というのが、私の持論。

その観点から、いろんな方の人生をお伝えできたらと思います。

まず、昨今のアイドルグループ、子役ブームを見るにつけ、

幼い頃から自分の夢をしっかりと持ち、それをかなえるべく努力する小中学生たち。

モチベーションを持続させて、成功につなげるには、何が必要なのか。

10代のアイドルに、スペシャルロングインタビューを試みました。

彼女は、岩佐美咲さん(オフィシャルブログ)

19歳。AKB48チームKのメンバーであり、演歌歌手としても活動。

板野友美、前田敦子についで3人目のソロデビューをはたして、

初の演歌歌手としてデビューしました。

幼い頃からの夢であった歌手デビュー、多くのメンバーの中から選ばれた理由。

アイドルとは、こうしてなるものなのかという、

うなるほどの努力が垣間見れます。

10代のアイドルの女のコの人生とともに、

考え方と行動を学んでいきたいと思います。

題して、

「AKBアイドルから学ぶ、就活必勝法とは?」。

インタビューを試みて、感じたことは、

夢をかなえるためには、こんなにも努力が必要なのかということ。             

アイドルになりたい――。誰もが一度は夢見る永遠の憧れ。

でも、いつしかその夢は消え失せ、なりたかった思いすら忘れ去られるのが普通です。

一方で、ずっと思い続けて、着実に夢をかなえる人たちもいます。

違いはどこにあるのか。実現する人の考え方、行動とは一体どういうものなのだろうか。

'''岩佐美咲さんの受け答えに注目!!

就活にもビジネスにも活かせるヒントがあふれていました。'''

岩佐美咲さんのインタビューから、なるほどと思ったこと。

ビジネスに通ずる心がまえとノウハウ。次から次へと惜しみなく語られるのでした。

<チャンスをつかむポイント>

●やりたいことを見つけるには、好きなことを発展させる。

●何かになりたい(例えば、アイドル)と思えるには、思い込みが大前提。

●夢を持続させるためには、協力者が必要。

●何事も動く、経験することから始まる。

●習うことと慣れること。学んで、実践することが肝。

●ざっくりとした将来設計を立てて、ここぞという時に戦略を考える。

●一歩抜きん出るためには、個性を際立たせる。

●チャンスと直感した時は、即断即決して、やる気を見せる。

●踏ん張るべき時は踏ん張る。耐えることも必要。

●感謝と謙虚さを忘れずに、つねに応援したくなる人でいる。

★岩佐美咲さんのインタビューはこちら

<岩佐美咲さんインタビュー>パート1

「10歳から100社のオーディションを受けてわかったこと」

<岩佐美咲さんインタビュー>パート2

「夢をかなえただけでは終わらない。一歩抜きん出るために必要なこと」

<岩佐美咲さんインタビュー>パート3

「やりたいことをブレずにやり続けるための必須条件とは?」

<インタビューを終えての感想>

インタビューをさせていただくと、その方の口癖、キーワードが浮き彫りになります。

岩佐美咲さんの場合は、「ありがたい」「申し訳ない」という、感謝と謙虚な言葉がすごく多いのです。『鞆の浦慕情』のMVでも、撮影中のなにげない会話の中でも、手を振ってくれた地元の方に対して、「わー、手を振ってくれた、私を知らないのに」と言っています。「誰かも知らないこんな私のために、手を振ってくださる方がいる」というのです。その言葉こそが、彼女の人柄を物語っているのではないでしょうか。

そして、このインタビューをおこなうにあたって印象に残ったのが、

長良プロダクションの方の対応です。

岩佐さんの資料を送ってもらう際、今まで新聞や雑誌に載った細かい記事の一つひとつをコピーして、すべてをA4サイズにぴっちりと折りたたんでファイルにされているのです。そのキレイな折り目ひとつからも、事務所の方の岩佐さんに対する愛情がうかがい知れます。インタビュー中も、マネージャーさんと宣伝担当の方が一緒に、うなずきながら、笑いながら、ノートに細かくメモをとられているのが印象的でした。

インタビュアーの私に対しても、「今日はすごくありがたかったです。自分が今までやってきたことを思い出すことができました。なんだか、すごく元気になりました。これからも頑張っていきます」と岩佐さんに言っていただき、また、マネージャーや宣伝担当の方たちにも深々と頭を下げられ、みなさんに感謝していただけたのでした。

家族、スタッフ、ファンの方に支えられている岩佐さんはとても幸せな方。でも、それを引き寄せているのは、ご本人の頑張りであり、見守りたい、応援したいという気持ちにさせる人柄なのかなと思いました。

夢をかなえるためには、一人では難しく、やはり周りの協力が重要なのだと切に感じさせられるインタビューとなりました。

<岩佐美咲さん プロフィール>

1月30日生まれ。19歳。千葉県出身。

AKB48チームKのメンバーであり、演歌歌手としても活動。

長良プロダクション所属。

2008年 AKB48第4回研究生(7期生)オーディションに合格。

2010年 「渡り廊下走り隊7」として活動。

2011年 長良プロダクションに所属。

2012年 徳間ジャパンコミュニケーションズから『無人駅』でデビュー。

AKBメンバーで、板野友美、前田敦子についで3人目のソロデビュー。

初の演歌歌手。日本第45回有線大賞 新人賞・ロングリクエスト賞 受賞。

2013年 2ndシングルは『もしも私が空に住んでいたら』。2013年1月21日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場5位。

2013年演歌・歌謡カバーアルバム『リクエスト・カバーズ』を発売。2013年11月18日付のオリコン週間ランキング初登場第9位。

★3rdシングル『鞆の浦慕情』(広島県福山市の鞆の浦のご当地ソング)発売中。

2014年1月20日付のオリコン週間シングルチャートで、自身初の首位を獲得。10代の演歌アーティストとしては27年7か月ぶりの快挙! 女性演歌・歌謡アーティストによるデビューから3作連続でのTOP10入りは、40年11か月ぶり。

いずれも、秋元康氏作詞。