上空で徹底的に破壊されるドローン。部品不足で生産も追いつかず

2022年2月にロシア軍がウクライナに侵攻。ロシア軍によるウクライナへの攻撃やウクライナ軍によるロシア軍侵攻阻止のために、攻撃用の軍事ドローンが多く活用されている。また民生用ドローンも監視・偵察のために両軍によって多く使用されている。

ロシア軍は主にロシア製の偵察ドローン「Orlan-10」で上空からウクライナの監視・偵察を行っている。ウクライナ軍はロシア軍のドローンを迎撃して対抗している。

上空のドローンを迎撃するのは、電波を妨害(ジャミング)してドローンの機能を停止させるいわゆる"ソフトキル(soft kill)"と、対空機関砲のように上空のドローンを爆破させる、いわゆる"ハードキル(hard kill)"がある。

爆弾などを搭載していない小型の監視・偵察ドローンならばジャミングで機能停止させる"ソフトキル"で迎撃できるが、中型から大型の攻撃ドローンの場合は対空機関砲や重機関銃のような"ハードキル"で上空で爆破するのが効果的である。特に偵察ドローン「Orlan-10」は飛行する際に大きな音がするので察知されやすいため、攻撃もしやすい。

"面白いお守り付きの偵察ドローン"

ウクライナ軍では撃破したロシア軍の偵察ドローン「Orlan-10」の写真をSNSで公開して世界中にアピールしている。ウクライナ軍が公開した「Orlan-10」を見るとロシア正教の神父様の聖像の絵がドローンに貼られており、そのドローンはガムテームで補強されていた。神父様の聖像画も周囲をガムテームで止められていた。ウクライナ軍も「"面白いお守り付きの偵察ドローン"(with a rather interesting additional protection system)」とコメント。

ウクライナ紛争も長期化しており、ロシア軍の偵察ドローンも部品不足なのだろう。そしてどれだけ飛行させても次から次に迎撃されて破壊されたり機能停止されてしまう。生産も追いついていないから、破壊されたり機能停止させられたドローンを回収して再利用している。

ウクライナ軍にとっては撃破したり機能停止させた偵察ドローンをロシア軍に回収されるよりも先に見つけて回収しないと再利用されてしまう。偵察ドローンだから攻撃をしかけてこないので迎撃しなくても良いということは絶対にない。自軍の居場所を偵察ドローンに察知されてしまったら、その場所にめがけて大量のミサイルを撃ち込まれてしまい大きな被害を招きかねない。そのためにも偵察ドローンでも検知したら、すぐに迎撃して徹底的に破壊する必要がある。

ドローンは「上空からの目」として敵の行動を把握し、自軍の安全保障を確保するために非常に重要であり、両軍にとってドローン不足は命取りになってしまう。ドローンは何台あっても足りない。

▼ロシアの偵察ドローン「Orlan-10」