2022年末までにフォロワー150万人目指す

第2次大戦時にナチスドイツが約600万人以上のユダヤ人やロマ、政治犯、同性愛者などを殺害した。ポーランドに設置されたアウシュビッツ絶滅収容所では約110万人が殺害された。ホロコーストで殺害された約5人に1人がアウシュビッツで命を落とした。アウシュビッツ絶滅収容所は現在でも博物館としてホロコーストの悲惨さを伝えており、世界中から観光客が訪問している。2019年には過去最高の230万人以上がアウシュビッツ絶滅収容所を訪問していたが、2020年は世界規模でのパンデミックの影響で、アウシュビッツ絶滅収容所博物館も一時閉鎖しており、2021年の訪問者数は56万人程度だった。最近ではオンラインやバーチャルでの展示にも注力している。それでも現在でもアウシュビッツ絶滅収容所は世界的な観光名所の1つである。

そしてアウシュビッツ絶滅収容所博物館ではツイッターでも情報発信を行っている。アウシュビッツ絶滅収容所博物館のツイッターでは、毎日、アウシュビッツ絶滅収容所で犠牲になった方々の誕生日や殺害された日に、彼らの写真とともに生まれた場所、いつ殺害されたかを投稿している。110万人以上が殺害されたアウシュビッツ絶滅収容所なので、毎日誰かしらの誕生日である。さらに大量にある犠牲者の写真の他にも文書、遺品などをデジタル化して保管しており、それら貴重な歴史的コンテンツを毎日ツイッターで世界中に発信している。

アウシュビッツ絶滅収容所の博物館のツイッターではホロコースト関連のニュースや犠牲者の情報、生存者の体験など決して明るいニュースや情報ではなく、目を覆いたくなるような写真や生々しい情報も多い。また当時のホロコーストの様子やニュースだけでなく、現代社会のヘイトスピーチや民族憎悪、欧米では根強く残っている反ユダヤ主義に対しても警鐘を鳴らしている。

「アウシュビッツ絶滅収容所のツイッターの投稿に「いいね(Like)」をしにくいから「レスペクト(Respect)」のボタンがあるといいな」という投稿があった。それに対してアウシュビッツ絶滅収容所のツイッターは「全ての"いいね"とリツイートは、私たちの活動を支援してくれていますし、投稿が拡散されるので、多くの方に対してホロコースト教育を行うことにつながります。皆さんがソーシャルメディアで"いいね"やリツイートといった行動を起こしてくれることは、私たちがソーシャルメディアで情報発信を行っているミッションそのものにつながります。私たちにとってツイッターでの"いいね""ホロコーストの記憶と歴史を忘れない"です」と綴っていた。

ホロコーストを経験した生存者らの高齢化も進んでいる。遠くない未来にゼロになり、世界中の多くの人にとってホロコーストは歴史的な出来事になっている。だが、アウシュビッツで起きた残虐な歴史を二度と繰り返さないように積極的な情報発信と記憶のデジタル化を推進している。

アウシュビッツ絶滅収容所博物館では、2019年8月に「解放75年を迎える2020年1月までに、ツイッターのフォロワーを75万人まで目指す」と掲げていた。当時は55万人程度のフォロワーだったが、2019年末には75万まで到達し、目標はクリアした。その後、アウシュビッツ絶滅収容所博物館では「フォロワーを2020年1月27日(国際ホロコースト記念日)までに100万人」と目標を上方修正し、この目標もクリアされ、現在のフォロワー数は130万を超えている。2022年末までにフォロワー数150万の目標を掲げている。

▼150万フォロワーを目指して呼びかけているツイート