ロシアの軍事企業のKronshtadtが開発している軍事ドローン「Orion-E」を2022年から大量生産して輸出していくと地元メディアのRIAノーボスチやスプートニクが報じていた。同機はシリアでも監視用とテロリストへの攻撃用として活用されていた。海外のバイヤーからの注目も高く、監視用ドローンとしての需要も高い。

攻撃用の軍事ドローンは「Kamikaze Drone(神風ドローン)」、「Suicide Drone(自爆型ドローン)」、「Kamikaze Strike(神風ストライク)」とも呼ばれており、標的を認識すると標的にドローンが突っ込んでいき、標的を爆破し殺傷力もある。日本人にとってはこのような攻撃型ドローンが「神風」を名乗るのに嫌悪感を覚える人もいるだろうが「神風ドローン」は欧米や中東では一般名詞としてメディアでも軍事企業でも一般的によく使われている。「神風ドローン」の大群が上空から地上に突っ込んできて攻撃をしてくることは大きな脅威であり、標的である敵陣に与える心理的影響と破壊力も甚大である。ドローンはコストも高くないので、大国でなくとも購入が可能であり、攻撃側は人間の軍人が傷つくリスクは低減されるので有益である。

対ロシア防衛で注目度の高いトルコの軍事ドローンに対抗

軍事ドローンではトルコのバイカル社が製造している軍事ドローン「バイラクタル TB2」も海外からの注目度が高い。

特にNATO諸国のポーランドとラトビアがトルコの軍事ドローン「バイラクタル TB2」を購入して、対ロシアの防衛を強化している。ロシアと対峙しているウクライナにも軍事ドローンを提供しており、ロシアにとっても大きな脅威になっている。

トルコは世界的にも軍事ドローンの開発技術が進んでいる。アゼルバイジャンやウクライナ、カタールにも提供している。2020年に勃発したアゼルバイジャンとアルメニアの係争地ナゴルノカラバフをめぐる軍事衝突でもトルコの攻撃ドローンが紛争に活用されてアゼルバイジャンが優位に立つことに貢献した。

軍事ドローンが紛争において新たな兵器として活用されようとしている。そのような中でトルコの軍事ドローンのプレゼンスが非常に高く、ロシアとしてもトルコの軍事ドローンに対抗して存在感をアピールしたいところだ。

▼Orion-E紹介動画