ロシアの軍事研究機関のRussian Federal Nuclear Centerは敵からのドローンをネットで捕獲する「ミサイル」と呼ばれるドローンを開発しているとロシアのメディアが報じていた。「ミサイル」と呼ばれるドローンは搭載されたAIが敵のドローンを認識するとレーザーが誘導して敵のドローンにネット(網)を放ち、そのネットが開いてドローンを捕獲するようだ。2021年半ばにモスクワで開催される軍事の展示会でプロトタイプが披露される予定。現在、開発中でスピードを速めたり、長距離で飛行ができるようにする。

近年、「神風ドローン(Kamikaze Drone)」と呼ばれる標的を識別すると突っ込んでいき、標的を爆破する攻撃ドローンも増加しており、アルメニアとアゼルバイジャンの紛争でも使用されていた。また偵察型のドローンは従来から安全保障上の危機につながるため、敵からのドローンから自国を防衛することは安全保障上、重要な課題になっている。

軍人の"人間の安全保障"のために

ロシアの軍事企業のカラシニコフがドローン捕獲のための銃「REX-1」を開発しており、こちらは軍人がドローンを見つけたら銃を向けて、銃口からレーダーが出てきてドローンの機能を停止させて飛行できなくする。だが、「神風ドローン」が一般名詞として欧米や中東では使われるようになっているように、最近の攻撃ドローンは標的を認識したらドローンが突っ込んでくるため、このようなドローン迎撃の銃を使用している人間の軍人は命の危険に晒されやすい。つまりそのような役割を担う味方の軍人の"人間の安全保障"が確保できない。

そのため、ロシアのRussian Federal Nuclear Centerが開発しているような無人のドローンが、敵の攻撃ドローンを認識したら、ネット(網)で捕獲してしまい攻撃や偵察を停止させる方が、人間の軍人が被害に遭う確率が低くなる。だが、攻撃ドローンも今後、このようなネット(網)から逃れるような手段や機能を搭載してくることだろう。

▼カラシニコフが披露しているドローン捕獲銃「REX-1」