インド初のAI搭載無人戦車「SOORAN」開発、4月から試験実施へ:進む戦場でのロボット兵器

SOORAN(Defence Master India)

 インドの軍事企業Defence Master IndiaがAI(人工知能)で作動する無人戦車「SOORAN」を開発した。リモートで人間の軍人が操作をすることも可能。インドで2020年2月に開催されたDefence Expo 2020で披露された。SOORANはフィールドテストも実施され、実戦用の開発に向けた製造に向かっている。砲塔も搭載されており攻撃もできる。軍人で遠隔で操作するモード、遠隔からモバイルで操作するモード、AIが判断して作動する自律型モードの3つのモードがある。同社が開発したAIソフトウェア「NIVATA」を搭載しており、センサーが装備された戦車とAIが判断して作動する。リモートでコントロールできる銃を搭載したドローンも装備されている。

SOORANのリモート操縦席(Defence Master India)
SOORANのリモート操縦席(Defence Master India)
SOORANのリモート操縦席(Defence Master India)
SOORANのリモート操縦席(Defence Master India)
SOORAN(Defence Master India)
SOORAN(Defence Master India)

 Defence Master Indiaのマネージング・ディレクターのデニス・エベネザール氏は「SOORANはインドで初の無人戦車となります。遠隔地から軍人が操作して戦場で戦うこともでき、軍人が戦場で殺されることも少なくなることから、インド軍も強い関心を示してくれています。インド軍が2020年4月から本格的な試験をチェンナイで実施していく予定です」とインドのメディアFinancial Expressで語っていた。また同社が開発したAIについては「ビルの中に隠れたテロリストも判断できるようにしたい」ともコメント。

進む戦場のロボット化

 AI技術とロボット技術の発展によって戦場の無人化が進んでいる。戦場での3D(Dirty:汚い、Dull:退屈な、Dangerous:危険な)業務は人間の軍人よりもロボットの方が適している。また軍人が戦場に行かなくなることから、軍人が死亡する機会も小さくなるため、軍にとっては軍人の「人間の安全保障」も確保できる。

 インドは隣国パキスタンとの対立だけでなく、テロリストの脅威も大きいためロボット兵器は、抑止力と実戦での活用の観点からも導入への期待も高い。一方で、AIを搭載した自律型ロボットが人間の判断を介さないでAI自身が判断して標的や人間を攻撃することに対して、倫理的な観点からの懸念も大きく、NGOなどが反対している。インドが開発している無人戦車SOORANは、AIの判断するモードだけではなく人間によるリモートコントールも可能なモードもあるが、人間への攻撃には人間の判断が求められている。