Apple、中国で一番スマホが売れる旧正月セールでもiPhone売れずに2期連続の減収減益

(写真:ロイター/アフロ)

 Appleは2019年4月30日に2019年Q2(2019年1~3月期)の業績発表を行った。売上高は前年同期比5%減の580億1500万ドル(約6兆円)、純利益は16%減の115億6100万ドル(約1.5兆円)だった。

 前期の2018年10月~12月期は全世界でクリスマスシーズンだったが、世界規模でiPhoneの売れ行きが伸び悩み、減収減益だった。そして今期は中国での売上が22%減少となり、2期連続の減収減益となった。Appleは前期よりiPhone、iPad、Macなどの販売台数は公表しなくなり、売上のみの発表となったが、iPhoneの売上の減少が目立っている。一方でサービス分野の売上は大きく伸びており、過去最高の売上を達成している。

プロダクト別売上(Apple公開資料を元に作成)
プロダクト別売上(Apple公開資料を元に作成)

旧正月シーズンの中国での売上減の痛手

 今期のAppleの売上の地域別で見ると、中国での売上が約22%減少した。中国で一番スマホが売れるのは1月から2月の旧正月セールの時期だ。クリスマスシーズンよりもスマホや消費財などが売れる季節だ。だが、Appleは前期のクリスマスシーズンでも中国でのiPhoneの売上が減少していた。続いて旧正月セールでもiPhoneが売れなかった。

 かつては中国人の富裕層は見栄をはるためにも、iPhoneの新製品が販売されると買い替えていた。だが、最近は中国人も実利主義的であり、iPhoneだけでなく新製品が出たからといってすぐに買い替えをしない。中国ではiPhoneやAppleのブランド力も以前ほどない。中国人の日常生活の中において、決済からメッセージ、SNSまでもはやスマホは生活に欠かせない必需品であるため、見栄を張ってまで高級なブランドのiPhoneを持たなくとも、中国製の実利的なスマホで十分なのだ。

 クックCEOは「中国でのiPhoneの売り上げは復調している」と楽観視していることを強調していた。だが、クリスマスシーズンと旧正月という中国で1番と2番目にスマホが売れるセールの時期で、ともに売上が減少していることから、本当に復調しているのかどうかは様子見が必要だ。

地域別の売上(Appleの公開資料を元に作成)
地域別の売上(Appleの公開資料を元に作成)