ザッカーバーグCEOの姉、Facebookの「ホロコースト否定」対応にコメント『世界規模で議論を』

(写真:Shutterstock/アフロ)

 Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOはホロコースト否定に関するFacebook上での投稿を削除しないことを米国メディアRecordの取材で明らかにした。ザッカーバーグ氏自身がユダヤ人であることから、大きな波紋を呼んでいる。

「全てを削除するわけではない」

 ザッカーバーグ氏はインタビューの中で「ホロコーストを否定する人々もいる。そのことは極めて残念だ。だが、人々に正しく理解されていないこともあるので、そういう投稿を必ずしも全て削除することはない。人々が意図的に間違った理解をすることはないと思う。但し、私自身はホロコースト否定論を認めているわけでは決してない。特定の集団に対する暴力や憎悪を煽る、行き過ぎた投稿は削除していく」とコメントしていた。但し、反ユダヤ主義的な人種差別を煽るような発言は削除していく。ザッカーバーグ氏自身がユダヤ人であることから、大きな波紋を呼んでおり、英米のユダヤ団体は非難声明を出している。

 第2次大戦時にナチスが欧州のユダヤ人やロマなど約600万人を殺害したホロコーストだが「ホロコーストは存在しなかった」という、いわゆるホロコースト否定論を主張する人々もいる。「ホロコーストはユダヤ人が多額の賠償金を貰い、イスラエル建国を正当化するためにでっちあげた物語で、そんなに多くのユダヤ人が殺されてはいない」といった主張だ。1980年代以降、多くの欧州諸国ではホロコースト否定を規定する法律を制定、施行してきた。その適用範囲は次第に拡大され「ホロコーストなどなかった」と発言しただけで罰せられることもある。

「SNSからホロコースト否定論者を排除してもなくならない」

 マーク・ザッカーバーグ氏がFacebook上での「ホロコースト否定」投稿の全てを削除しないという発言を受けて、マークの姉で、かつてFacebookでマーケティング・ディレクターも務めていたランディ・ザッカーバーグ氏がCNNにコメントを寄せた。

 ランディ氏は「ホロコースト否定は非難されるべき事象であり、ホロコーストなどなかったという発言自体はおぞましいことだ」と述べたうえで、マーク氏の意見も尊重。「ソーシャルメディアというプラットフォームからホロコースト否定論者を排除するだけでは、ホロコースト否定論はなくならない」。

「世界規模で、ホロコースト否定問題について議論する必要がある」

 ランディ氏自身もユダヤ人であることから、長年にわたって多くのユダヤ団体で活動を行ってきた。「ユダヤ人コミュニティのリーダーとして、ソーシャルメディアで働いてきた者として、ホロコースト否定発言をSNSでどのように扱うかについて大きな責任を感じます」とも語った。

 またランディ氏は「残念なことに、我々が誰かに向かって声を上げる時に、その声は良い時も悪い時もある。私はホロコースト否定については反対だが、アメリカでは欧州と違って『ホロコーストはなかった』と発言することに罪の意識を感じない人が多いのも事実。もっと世界規模で、ホロコースト否定問題について議論していくことが必要だ」とコメント。