インド政府とGoogle、AIを活用して洪水予測と警告発信へ

(写真:ロイター/アフロ)

Google Earthでビジュアル的に洪水の管理も

 インド政府の水資源・河川開発・ガンジス川再生省の傘下にある中央水委員会(Central Water Commission:CWC)は2018年6月、インド全土での洪水の予測や情報提供でGoogleと提携することを明らかにした。Googleの人工知能(AI)と機械学習を活用したプラットフォームを活用し、洪水の予測を行う。Google Earthも活用してビジュアル的に洪水の管理も行っていく。

 またGoogleでは洪水予測を行うだけでなく、実際に洪水が発生した際には、警告も出していく。Googleマップに洪水発生の場所や危険地域、現在の水量などが表示されるようになる。従来、中央水委員会の洪水の警告は洪水が発生しそうな1日前に出されていた。Googleの洪水予測では洪水が起きそうな3日前から警告を発していくことによって、住民は前もって避難することができるようになる。水資源・河川開発・ガンジス川再生大臣のNitin Gadkari氏は「Googleとの提携によって政府は洪水の予測、モニタリング、効果的な測定ができるようになる。政府とGoogleでAI分野の人材交流も行っていく。Google Earthによって洪水の現状がビジュアル化されることも大きい」と語っている。

 インドではスマホがかなり普及しており、多くの人がスマホを保有している。スマホを所有している人はGoogleからの洪水の警告をチェックすることができる。インドでは毎年モンスーンで多くの人が死亡している。2018年5月にもインド北部を襲ったモンスーンで48人が死亡。モンスーンや洪水の被害で犠牲となるのは地方の貧困層だ。彼らの多くはスマホを所有していない。