Google、インドでジャーナリスト向け研修提供:1年で8000人、フェイクニュースと戦う

(写真:ロイター/アフロ)

 Googleインドは2018年6月、ジャーナリスト向けのトレーニングを提供することを明らかにした。「The Google News Initiative India Training Network」と名付けられたトレーニングは、インド人ジャーナリストが、フェイクニュースや誤った情報に対する意識の向上と、そのようなフェイクニュースを伝えないようにすること、事実確認の取り方、正確な記事の書き方、デジタルツールをマスターすることを目的としている。

 コースは英語やインドの6言語で提供され、インド人ジャーナリスト8000人が、来年1年間で受講予定。 First Draft、Storyful、AltNews、BoomLive、Factchecker.in、DataLeadsの協力と支援の元、インド各都市で5日間の集中講義を行う。インドでジャーナリストのネットワークを構築していくことも目的としている。

 Google News LabのIrene Jay Liu氏は「Googleにとって一番重要なのは、信用された正しいメディアのニュースが報道されること。インドでフェイクニュースや誤情報と戦っていく。我々のゴールは200人以上のジャーナリストの講師を養成し、8000人のジャーナリストにトレーニングを提供していくことだ。このトレーニングのネットワークはGoogleが提供するもので最大の規模だ。コミュニティで、何が正しい情報かを見極めるオンラインツールを提供していくことによって、ジャーナリストは台頭するフェイクニュースと戦っていくことができる」と語っている。

あらゆる情報が氾濫するインド

 インドでは廉価版のスマホが普及しており、Wi-Fi環境も整備されてきた。さらにFacebookなどSNSであらゆる情報があっという間に拡散されてしまう。フェイクニュースも多いが、一般の人はそのニュースや情報がフェイク(偽物)なのか誤っているのかの判断は難しい。

 とにかくSNSには、あらゆる情報が氾濫している。そのためジャーナリストも一次情報を確認しないで、ネット上の誤情報を元に記事を執筆し、それを拡散してしまうこともある。Googleには「Google News」という多くのメディアから記事を集めたサービスがあるが、そこではそのニュースがフェイクか正しいかの判断はできない。当たり前のことだが、ジャーナリストには正確な情報と事実に基づいた記事を執筆して、配信することが求められている。

The Google News Initiative India Training Network