「日本一ドローンが飛ぶ町」を目指す徳島県那賀町の取組み

ドローンで空撮された徳島県那賀町(徳島県那賀町提供)

 2018年4月18日から20日まで幕張メッセで国際ドローン展が開催されていた。国内外のドローン開発メーカーらが多数出展していたが、その中でも異色だったのが徳島県那賀町のブースだった。那賀町のドローンの取組み、同町が作成したドローンマップの展示などこぢんまりとしたブースだったが、国際ドローン展の会場で自治体として出展している「徳島県那賀町まち・ひと・しごと戦略課ドローン推進室」のブースは目を引いた。

国際ドローン展で徳島県那賀町のブース
国際ドローン展で徳島県那賀町のブース

マイナス条件もドローンには好条件

 徳島県那賀町では2015年10月から「日本一ドローンが飛ぶ町」を目指して、2016年4月には「まち・ひと・しごと戦略課」内に「ドローン推進室」を設置。体験会・講習会をはじめ多くの実証実験、災害協定締結などドローンの利活用を積極的に推進してきた。

 那賀町は徳島の山間部、高知県との境に位置し、日本の滝100選に選出される名瀑や樹氷など神々しい自然が身近にある。そのためドローンによる空撮を楽しみたい人たちにとっては、夢のフィールドだ。「市内から遠い」「消滅可能性都市」といったマイナス条件もドローン飛行にとっては好条件。

「多くの人にドローンの飛行や観光で那賀町に来てほしい」

 「日本一ドローンが飛ぶ町」を目指して、日本一ドローンを飛ばしやすい環境づくりも行っている。その一環として、那賀町では2017年2月からドローンマップも作成して公開。マップでは同町でドローンを飛行できる場所を紹介している。東京や大阪といった大都会ではドローンを飛ばせる場所は限られている。ほとんどの場所が飛行禁止区域だ。25ヶ所のドローン飛行が可能な場所があり、それぞれのスポットをドローンマップで紹介。しかも、どこも大自然で荘厳な風景のため、空撮には最適な場所だ。

 国際ドローン展で徳島県那賀町のブースで説明員を務めていた那賀町役場の田和隼人氏は「ドローンを通じた取組みをここ数年実施してきている。ドローンを通じて那賀町が活性化することに期待している。那賀町の存在を知ってもらい、多くの人にドローンの飛行や観光で那賀町に来てほしい」と語っていた。

▼那賀町ドローンマップ配信映像

国際ドローン展で徳島県那賀町のブースで説明員を務めていた那賀町役場の田和隼人氏
国際ドローン展で徳島県那賀町のブースで説明員を務めていた那賀町役場の田和隼人氏