Google、広告が好調で増収増益:「AIファースト企業に」

(写真:ロイター/アフロ)

Alphabetは2018年4月23日、傘下のGoogleの2018年第1四半期(1~3月)の決算を発表した。

広告以外の収入も伸びている

 Alphabetの2018年第1四半期の連結売上高は前年同期比26%増の311億4600万ドル(約3.4兆円)で、純利益は73%増の94億100万ドル(約1兆円)。

 Alphabetの売上の99%以上がGoogleだ。そのGoogleの売上高は前年同期比26%増で309億9600万ドルで、営業利益は12%増の83億6800万ドルだった。Google事業にはGoogleの検索やYouTube、Android、アプリ、クラウド、Google Play、ハードウェアなどが含まれる。特にモバイル向けの広告とYouTubeが絶好調なことも例年通りである。

 Googleを支える広告収入は同24%増の266億4200万ドル(約3兆円)で、Googleの売上の約86%を占めている。従来からの広告依存のGoogleの売上構造は変わっていないものの、以前は90%以上が広告の売上だった。最近では、Google Play、YouTube Red、「Google Home」などハードウェアなど広告以外の売上が増加している。年々少しずつだが広告以外の売上が増加しており、Googleの収益構造が着実に変わろうとしている。

Googleの売上と広告収入(Alphabet発表資料を元に作成)
Googleの売上と広告収入(Alphabet発表資料を元に作成)

 「それ以外の事業」はGoogle Fiber、Calico、Nest、Verily、GV、Google Capital、Xなど多額の投資が必要な事業だ。売上高は前年同期比14%増の1億5000万ドルだったが、営業損失は5億7100万ドルの赤字で前期よりも1億3200万ドル減少している。売上高の伸びは好調だが、投資コストも多大なことから、まだ赤字は続くだろう。

その他売上高と損失の推移(Alphabet発表資料を元に作成)
その他売上高と損失の推移(Alphabet発表資料を元に作成)

『AIファースト』に向けてインドでもGoogle Home販売へ

 GoogleのピチャイCEOは前回の業績発表では人工知能(AI)を活用した音声アシスタントが既にスマホやGoogle Homeなど4億台以上のデバイスに搭載されていることを称賛し「Googleは『AIファーストの企業』になってきた」と語っていた。

 そして、2018年4月10日からインドでも家庭用音声アシスタントサービスGoogle Homeの販売を開始。インド人の話すあらゆるローカルなアクセントも理解するそうだ。インドではスマホが急速に普及しているが、その多くが100ドル程度の廉価版でGoogleが提供しているAndroidスマホだ。多くのインド人がすでにスマホでの音声アシスタントサービスは利用しているが、今後はインドの家庭でもGoogle Homeを普及しようとしている。インド人の多くの音声情報はAIの強化にも役立つ。そのAIを活用して、インドだけでなく世界規模で広告販売やさらなるサービス開発に活用できる。

▼インドでのGoogleアシスタントの広告(Googleインド)