ベトナム、増加する若者の「Facebook依存症」発作や幻覚症状で入院も

(写真:アフロ)

Facebookが気になって仕方ないベトナムの若者たち

 スマホが広く浸透しているベトナムでもFacebookが大人気で、5000万人以上が利用している。ベトナムの人口が9200万人だから、単純計算して国民の半分以上が利用していることになる。特に若者がスマホで常にFacebookでニュースや、友人が「いいね」をした情報をチェックしたり、写真をアップしたり、友人がアップした投稿を楽しんでいる。

 だが、スマホが浸透し、Facebookばかりが気になってしまい、学校や勉強に集中できなくなってしまうだけでなく、スマホとFacebookがないと生活ができない若者も増加してしまっている。ベトナムのメディアでは「Facebook依存症」と呼んでいる。

 そして、最近では過度のFacebook依存症で体調を崩し、入院までする若者も増えている。ハノイの18歳の女子高生は、毎日深夜3時までスマホを手放さないでいた。食事をしないでスマホばかりチェックしている時もあった。そして、心配した両親がスマホを取り上げると、ストレスで取り乱して叫び出したり、うつ状態になったりで地元の病院に1か月前から入院して治療を受けているそうだ。常に手元にスマホがあってFacebookをチェックしていないと心配なのだ。

スマホを取り上げられると発作や幻覚症状も

 他にも11歳の少年は、地方の祖父の家ではネットが繋がらないから行かなかったり、スマホが気になって授業をさぼったり、友人らと喧嘩をし始めたりした。両親がネット断ちをさせようと、スマホを没収し、自宅のインターネットを遮断したら、気絶して倒れてしまって、2日間寝込んでしまったとのこと。

 また14歳のFacebook依存症の若者はスマホとFacebookの利用を禁止したら、けいれんの発作を起こして幻覚症状に襲われた。

 ベトナムの医師によると、入院するまでの症状は極端だが、ベトナムの若者にはFacebook依存症の傾向が強く見られるとのこと。そして治療には半年から長くて5年以上かかるとのこと。対処が遅れるほど、治療にも時間がかかるとのこと。

 

 2016年にはベトナム国家大学ハノイ校が、人々を集めて、72時間(3日間)の「Facebook断ち」の挑戦を行った。しかし40%の挑戦者が6時間も耐えられなかった。それだけFacebookが気になって仕方がないのだろう。

 ベトナムで若者の「Facebook依存症」が社会の問題になっているが、日本では若者だけでなく多くの大人もゲーム、YouTube視聴、LINEでのやり取り、FacebookやTwitterなどのSNSなどをチェックするためスマホに夢中だ。スマホを取り上げられたら、取り乱してしまう人も多いだろう。決して対岸の火事ではない。