カナダのオンタリオ州で道路横断中の「歩きスマホ」禁止法案を提出:ホノルルに続くか

(写真:アフロ)

 日本だけでなく世界中で「歩きスマホ」による事故やトラブルが増加している。ハワイのホノルルで2017年10月25日から道路横断中の「歩きスマホ」が禁止となり、違反者には罰金が課せられるようになった。カナダのオンタリオ州でもホノルルでの動きに続こうとしている。

「電話を切って、前を見よう法案」

 オンタリオ州の議員のYvan Baker氏は、道路横断中の「歩きスマホ」を禁止とする法案を2017年10月30日に提出した。法案の名前は「Phones Down, Heads Up Act(電話を切って、前を見よう法案)」。同氏によると法案が可決されたら、例えば最初の違反では50ドル(約4,500円)で3回目は125ドル(約11,250円)の罰金を導入していきたいと検討していることを明らかにした。

 オンタリオ州はカナダ最大の都市トロントなどがある州で、カナダのの人口の約3分の1がオンタリオ州に集中しているカナダの政治・経済の中心でもある。トロントでは2016年だけで42人の歩行者が死亡事故に遭い、これは2002年の50人以来最大の数となった。2016年のカナダでの調査によると、カナダ人の18歳以上の66%が「歩きスマホ」禁止の法案に賛成とのこと。トロント市議会では2016年にも「歩きスマホ」禁止条例を施行しようとしたが、州に却下されたようだ。

 法案を提出した議員のYvan Baker氏は「法案の目的は、まず人々に注意喚起をしてもらうこと。歩行中の歩きスマホは危険であると認識して欲しい。道路横断中の歩きスマホは、自分自身だけでなく相手を傷つける恐れもあり、とても非常に危険」とコメント。

 トロント市長の John Tory氏は「歩きスマホ禁止の法案以外にもやらなくてはならないことが、たくさん存在する。まずは人々は歩道を歩く時に、自分自身の責任で注意すべきだ」と語り、市民への啓発の重要性を強調している。

 オンタリオ州で「歩きスマホ」禁止条例の施行までにはまだ時間がかかりそうだ。だが、ホノルルでの導入を皮切りに、今後も世界各地で「歩きスマホ」禁止条例と罰金導入の議論が起きるかもしれない。