Google、着実に伸びている広告以外の収入:ハードウェアとの融合は進むのか

(写真:ロイター/アフロ)

Alphabetは2017年10月26日、傘下のGoogleの2017年第3四半期(7~9月)の決算を発表した。

毎度のモバイルとYouTubeが絶好調。伸びる広告以外の収入

 Alphabetの2017年第3四半期の連結売上高は前年同期比24%増の277億7,200万ドル(約3兆円)で、純利益は33%増の67億3,200万ドル(約8,000億円)。

 Alphabetの売上の99%以上がGoogleだ。そのGoogleの売上高は前年同期比19%増で274億7,200万ドルで、純利益は37%増の67億3,200万ドルと過去最高だった。Google事業にはGoogleの検索やYouTube、Android、アプリ、クラウド、Google Play、ハードウェアなどが含まれる。特にモバイル向けの広告とYouTubeが絶好調なことも例年通りである。

 Googleを支える広告収入は同21%増の240億6,500万ドルで、Googleの売上の約88%を占めている。従来からの広告依存のGoogleの売上構造は変わっていないものの、以前は90%以上が広告の売上だった。最近では、Google Play、YouTube Red、「Google Home」などハードウェアなど広告以外の売上が増加している。年々少しずつだが広告以外の売上が増加しており、Googleの収益構造が着実に変わろうとしている。

Googleの売上と広告収入(Alphabet発表資料を元に作成)
Googleの売上と広告収入(Alphabet発表資料を元に作成)
その他売上高と損失の推移(Alphabet発表資料を元に作成)
その他売上高と損失の推移(Alphabet発表資料を元に作成)

「それ以外の事業」はGoogle Fiber、Calico、Nest、Verily、GV、Google Capital、Xなど多額の投資が必要な事業だ。売上高は前年同期比53%増の34億500万ドルだったが、営業損失は8億1,200万ドルの赤字。売上高の伸びは好調だが、まだ赤字は続くだろう。

スマホ「Pixel 2」の予約も好調

 GoogleのピチャイCEOは今回の業績発表で「素晴らしい3か月だった」と振り返った。たしかに前期は欧州連合(EU)の欧州委員会が2017年6月に独禁法違反で24億2,000万ユーロ(約3,000億円)と過去最高額の制裁金を科した。このコストがかかってしまい、純利益は28%減少した。だが今期はそのような外部要因もなく順調で、素晴らしいものだったろう。

 さらに、Googleが2017年10月に発表した最新スマホ「Pixel 2 XL」についても「予約数は昨年の2倍以上で、多くの国での販売を予定している」とコメント。日本では販売未定だが、「Pixel 2」シリーズも順調であることをアピール。

進むハードとソフトの融合

 Googleは2017年9月には台湾のスマホメーカーで初期からAndroidスマホを製造してきたHTCとハードウェア部門の人材を約11億ドル(約1,300億円)で買収することを明らかにしている。そのことについてもピチャイCEOは「ハードウェアとソフトウェアの統合は新しいコンピューティングを加速していく」と述べている。

 現在、アメリカでは従来のようなWebベースだけのソフトウェアや人工知能関連のサービスは飽和しつつある。Googleの動向を見ても、開発したソフトウェアやサービスとハードウェアの組み合わせでの提供が求められていることがわかる。消費者の手元に届くのは製品(プロダクト)であり、それはハードウェアである。ハードのデザインから設計、開発、そしてサービスとしてのソフトウェア、アプリまで一気通貫して提供していく時代になるのかもしれない。