Appleの新CM「さあiPhoneへ」ガラケー利用者へ呼びかけ

(「iPhone -決断の時- Apple」より)

 日本でのiPhoneの新たな動画広告が3本公開された。

 今回はガラケー(フィーチャーフォン)を利用している人に対して、iPhoneの利便性を訴えている。広告の最後で「さあiPhoneへ」と呼びかけている。

以下が公開された3本のCM。

「社長の決断」

ガラケー利用の社長。「iPhoneなら会社メールも読める」と訴求。

「朝の準備」

ガラケーで目覚ましアラームを利用している男性。「Siriなら話しかけるだけだよ」と訴求。

「アートなケーキ」

ガラケーでカメラ撮影している女性。「iPhoneのカメラ機能」を訴求

日本のスマホ市場で圧倒的に強いAppleだが・・

 MM総研によると、日本で2016年(2016年1月~12月)に出荷された携帯電話端末(フィーチャーフォンとスマホ)の総出荷台数は3,606万台。内訳としては、

・スマホ:2,942万台

・フィーチャーフォン(ガラケー):664万台

 そして日本でのスマホ出荷をメーカー別にみると、1位は1,591万台でApple。シェアは54.1%と日本のスマホ市場では圧倒的にAppleが強い。次いでソニー、京セラ、シャープ、富士通と続いている。Apple一強の構図は長年続いている。

 現在でも、ガラケーが1年間で600万台以上出荷されている。ガラケーを利用する人の多くの理由は「端末の料金が安いこと」「毎月の料金も安いこと」だ。料金を重視する利用者にとって、iPhoneは高すぎる。彼らがスマホに乗り換える時には、格安SIMや廉価なスマホの購入を検討する。そのような利用者にもiPhoneを購入して欲しいと、CMではSiriやカメラなどiPhoneならではの性能やスペックを訴求している。カメラ機能を訴求したCMもあるが「カメラで綺麗な写真を撮りたい」という利用者は既にスマホを所有しているだろう。

 そして料金を優先する利用者は実利的だ。「電話とメールさえ利用できればいい」という人が多い。「高いお金を払ってまで乗り換える価値が本当にあるのか」が問われてくる。