米国で67歳女性「歩きスマホ」でガス管工事の穴に転落

久しぶりにアメリカで「歩きスマホ」の事故が大きく報じられていた。ニュージャージー州で67歳の女性が2017年6月7日に道路を歩いている時に、歩道でガス管工事が行われていたが、「歩きスマホ」をしていたので、気が付かずに工事の穴に転落した。落下から救出までの全貌を監視カメラが捉えており、その動画が多くのニュースで取り上げられていた。

下記がそのシーンをとらえた動画の報道。スマホに集中していて、フラップが開いているにも関わらず、それに気が付かずに真っ逆さまに落下していく様子がわかる。穴の中でガス管工事をしていた作業員も驚いたことだろう。

地元の警察によると67歳の女性は怪我はしているが、命に別状はないとのこと。日本だけでなく、世界中で「歩きスマホ」は課題になっている。このように配管工事の穴に転落するシーンが録画されており、大きく報じられることはめったにないが、それでも毎日世界中のどこかで小さなアクシデントは起きている。特に2016年夏には「ポケモンGo」が世界的に流行して、「歩きスマホ」による事故も急増した。「ポケモンGo」のブームは過ぎ去ったが、「歩きスマホ」は一向に減少しないどころか増加している。

「歩きスマホ」は命がけでするものではない

「歩きスマホ」は視線がスマホに向かっているので視界が狭くなっている。また、神経もスマホの中のニュースやらゲーム、LINEなどに集中しているので、危険を察しても咄嗟の判断ができない。高齢者の判断力は更に鈍る。今回は配管工事の穴への転落だったが、突然目の前に車が現れてもパニックになってしまって、すぐに避けられずに事故に遭ってしまう可能性が高い。

「歩きスマホ」をしている人は自己中心的な思考に陥っているので『自分は絶対に大丈夫、スマホを見ているけど、ちゃんと周囲も見えている』と思い込んでいる。誰もが事故に遭うまではそう信じ込んでいるが、そんなことは決してない。「歩きスマホ」は命をかけてまでやるものではない。