スイスの国営郵便局スイスポストは、病院間での血液サンプルなどの医療用サンプルの輸送にドローンを活用することを明らかにした。スイス連邦民間航空局(Federal Office for Civil Aviation:FOCA)からも許可を得たことを2017年3月末に発表した。

血液サンプルを運ぶドローン(Matternet提供)
血液サンプルを運ぶドローン(Matternet提供)
スマホで操作してドローンは離陸(Matternet提供)
スマホで操作してドローンは離陸(Matternet提供)

スイスポストは米国のドローン企業Matternetと提携して医療用サンプル輸送のドローンを開発。現在までに既に70回の試験飛行をスイスのルガーノで実施。最大2kgの荷物を20キロ先まで運ぶことが可能。血液サンプルなど決して重くないのでドローンでの輸送には最適とのこと。2018年からはドローンによる病院間での医療用サンプルの日常的な輸送が行われる予定。

現在は道路で自動車による輸送だが、交通渋滞で時間もかかるし、運転手や自動車のコストもかかる。ドローンによって時間短縮、コスト削減が期待されている。ドローンの時速は36km、特に輸送時間の短縮は患者の命を救うことにもつながるとのこと。

医療分野でのドローンによる輸送はスイスだけでない。ドイツでは北海の孤島の住民に薬を届けたり、ルワンダでは政府が血液や衣料品をドローンで輸送しているそうだ。

ドローンの商用化が着実に進んできているが、これからはドローンの利用目的や何の物品をどこへ配送しているかの情報公開などが重要になる。地上にいる住民から見るとドローンが頭上を飛行するのは不安だ。監視や撮影をされているかもしれないし、怪しい物体を運んでくるテロかもしれない。「あのドローンは医療用品を病院に運んでいるんだ」ということがわかると地上にいる住民も安心するだろう。

▼スイスポストが公開したドローンによる血液サンプルの輸送試験の動画。