Google、まだ諦めきれないメッセージアプリ:大手通信Telenorと提携してRCSを世界展開

(写真:ロイター/アフロ)

Googleは世界規模で展開している通信事業者Telenorと提携して、RCS (Rich Communications Services)と呼ばれる「リッチ・コミュニケーション・サービス」を展開していくことを発表した。RCSというのは日本人には全く馴染みがないが、LINEやFacebookメッセンジャーのようなメッセージサービスだ。

見た目、使い勝手はLINEとほぼ同じ (Google)
見た目、使い勝手はLINEとほぼ同じ (Google)

Telenorはノルウェーに拠点を置き、世界規模で展開している通信事業者で、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランド、ハンガリー、モンテネグロ、セルビア、パキスタン、バングラデシュ、タイ、マレーシア、インド、ミャンマーで事業展開。全世界に2億1,400万人の加入者がいる。TelenorのユーザーでAndroidを利用しているユーザーは自動でRCSが利用できるようになる。

メッセージアプリ・SNSでは弱いGoogle

海外ではショートメッセージ(SMS)がテキストメッセージの主流で、その延長としてRCSは世界中の通信事業者などがサービス開発をしていたが、世界規模でのスマホの普及に伴って世界中でWhatsApp、Facebookメッセンジャー、WeChat、LINE、カカオトークなどのメッセージアプリの利用が拡大していった。そのため世界中でRCSは忘れられた存在になってしまった。

そしてメッセージアプリの分野では圧倒的にFacebook陣営が強い。WhatsApp、メッセンジャーともに全世界で10億人以上が利用している。モバイル検索や動画配信YouTubeで圧倒的に強いGoogleだが、メッセージアプリやソーシャルメディアの分野では大きく遅れている。

Googleでは「Google Allo」などメッセージアプリを提供しているが、決して主流になっていない。メッセージアプリは利用する人が多くいるから普及する。ほとんどの人が利用しないメッセージアプリでは誰とも通信できないので普及しない。

世界中の情報を収集していきたいGoogleとしてはメッセージアプリも押さえていきたいところだ。メッセージアプリでやり取りされている情報は、個人のあらゆる情報の宝庫だ。誰と誰が繋がっていて、どこにいて、どういう情報のやりとりをしているのか収集し、把握することによって、個人に適した広告の配信や人工知能の強化も可能になる。

世界規模で展開している通信事業者Telenorとの提携でRCSも普及させたいだろう。だが、もはや世界中でスマホが普及しており、多くの人が既存のWhatsAppやFacebookメッセンジャーなどのメッセージアプリを利用している中で、相当なメリットや使い勝手の良さがない限り、RCSの利用に切り替えることはないだろう。