インドネシア、YouTube動画広告ランキング:2016年上期はオレオ、下期はLINE

Googleインドネシアでは、インドネシアでのYouTubeでの広告動画ランキングを半年ごとに発表している。

2016年上期(2016年1月~6月)はクッキー「Oreo(オレオ)」のYouTube動画が1位だった。そして2016年下期(2016年7月~12月)はLINEインドネシアのYouTube動画が1位だった。

Googleインドネシアでは再生回数だけでなく、動画のストーリー性、映画のような作りになっているか、感動するかなどの基準でランキングを行っており、10作品の広告動画を選出している。他にも地場のネットショップTokopedia、現地のトヨタやホンダなどの動画広告もベスト10にはランクインされている。

インドネシアではスマホが急速に普及しており、YouTubeなどのネットでの動画広告の方が、FacebookやTwitterなどSNSで拡散されるため、テレビでのCMよりもインパクトがあり、話題になることが多い。Googleインドネシアの Veronica Utami氏によると2016年にYouTubeへ動画をアップするのが170%増加し、そのほとんどがスマホで視聴されているとのこと。

下期に1位になったLINEインドネシアの動画広告は既に723万回再生されている。かつてインドネシアでは多くの人がLINEを利用していたが、最近ではFacebookのメッセンジャーにスイッチしている。

2016年下期のインドネシアでのYouTube動画ランキング1位の「LINE」の動画広告。仕事でもLINEが活用できることをアピールしている。723万回再生。

2016年上期のインドネシアでのYouTube動画ランキング1位の「Oreo」の動画広告。264万回再生。

3位にランクインした地場のネットショップTokopediaの動画広告。ストーリー性のある動画広告はインドネシアで人気。446万回再生。