「歩きスマホは絶対にやめてください!」AKB48チーム8 小栗有以が一日署長でアピール

中央警察署で一日警察署長を務める小栗有以さん (C)AKS

秋の全国交通安全運動期間である2016年9月19日に、東京都中央区で「中央警察署 交通安全キャンペーン」が開催され、AKB48チーム8 東京都代表の小栗有以さんが一日警察署長として参加した。小栗さんは「今日は2回目の一日警察署長ですが、この警察官の服が着れて嬉しいです。今日は交通安全のことを頭に入れて帰ってください」とコメントしていた。

2万年に1人の美少女で「2万年ちゃん」の愛称で大人気で、AKB48の次回シングルではチーム8から唯一選抜に入った小栗有以さんを目当てに大勢のファンらが日本橋に駆けつけてきて、祝日の日本橋はまるでコンサート会場の入り口のような雰囲気だった。

「歩きスマホは絶対にやめてください」と訴える小栗 (C)AKS
「歩きスマホは絶対にやめてください」と訴える小栗 (C)AKS

「歩きスマホ」は絶対にやめてください

小栗有以さんを一日署長に招いての「中央警察署 交通安全キャンペーン」では交通安全教室やプロのスタントマンらによる交通事故のデモが行われていた。交通安全教室の中で小栗さんは「私は歩きながらスマホを操作しないように気を付けています」とコメント。「歩きながらのスマホは危険なので、絶対にやめてください」と小栗有以さんが言うと、観客からは大きな声で「はーーい」との返事があった。さらに「歩きながらのスマホは思わぬ事故につながる可能性もあるので、皆さん、本当に絶対にやめてください。お願いします!」と会場に来ていた観客に警告していた。司会の警察官の方からも「歩きスマホや自転車でのスマホ操作は周囲の人も巻き込んでしまうので非常に危険です」と付け加えられた。

「交通安全は日本橋から」をモットーに、日本橋から交通安全を全国に広めましょう!(C)AKS
「交通安全は日本橋から」をモットーに、日本橋から交通安全を全国に広めましょう!(C)AKS
「今日は2回目の一日警察署長ですが、この警察官の服が着れて嬉しいです。今日は交通安全のことを頭に入れて帰ってください」(C)AKS
「今日は2回目の一日警察署長ですが、この警察官の服が着れて嬉しいです。今日は交通安全のことを頭に入れて帰ってください」(C)AKS

危険しかない「歩きスマホ」と「自転車スマホ」

小栗有以さんも指摘しているように「歩きスマホ」は危険しかない。駅や道路での「歩きスマホ」は日常の風景になっており、トラブルが多発していることから警察署だけでなく、鉄道会社や携帯電話会社なども注意喚起のアナウンスやポスターを掲示している。しかも最近ではイヤホンまでして音楽を聴きながらスマホを見て歩いていたり、自転車に乗っている人も多い。道路で「歩きスマホ」や「自転車スマホ」をしている人は非常に危険だ。そして車の運転手から見ると非常に危険で不安だ。

「歩きスマホ」をしている人は自己中心的な思考に陥っているので『自分は絶対に大丈夫、スマホを見ているけど、ちゃんと周囲も見えている』と思い込んでいる。だが運転手の方から見ると「本当に車の存在に気付いているのだろうか、突然飛び出し来たりしないだろうか」と不安である。そして「歩きスマホ」では神経がスマホに集中しているので、危険を察しても咄嗟の判断と俊敏な行動ができない。つまり、突然目の前に車が現れてもパニックになってしまって、すぐに避けられずに事故に遭ってしまう。

また自転車に乗りながらのスマホ操作はもっと危険だ。自分が自動車に衝突されて大事故に巻き込まれるだけでなく、自転車が無実の歩行者に突っ込んでいき、相手に大怪我をさせてしまう可能性が高い。つまり加害者にもなりうるのだ。「歩きスマホ」も「自転車スマホ」もは命をかけてまでやるものではない。

「歩きながらのスマホは危険なので、絶対にやめてください。歩きながらのスマホは思わぬ事故につながる可能性もあるので、皆さん、本当に絶対にやめてください。お願いします!」小栗有以さんからのお願いです。