米国、陸軍士官学校:卒業式の行進時に「歩きスマホ」?

(West PointのFacebook)

「ウェストポイント」の通称でお馴染みのアメリカの陸軍士官学校の卒業式が2016年5月に行われた。その時の卒業式の行進の様子がウェストポイントのFacebookページにアップされた。

画像

卒業式の行進中にスマホ操作?

行進曲に合わせて陸軍士官学校の卒業生たちが背筋を伸ばして行進をしているシーンの途中で、1人の女子学生がスマホのようなものを操作しているシーンが映し出された。実際にはスマホの操作なのか、何をしていたのかは不明だ。

1802年に設立された陸軍士官学校というアメリカ最古の士官学校という名門校であるために、卒業式の行進中に「スマホを操作していたのでは」ということで、その姿に批判的な意見が多く、ニュースにもなって取り上げられていた。たしかに陸軍士官学校の卒業式で、全員が前を見て行進している中、下を見ているだけで目立ってしまう。ましてウェストポイントは「Discipline(規律、修練)」のシンボルのようなところだから、それがスマホ操作の可能性があるならと批判的な意見が多いのも仕方ない。

スマホを持っていたら気になってしまうのが人間の性

陸軍士官学校のスポークスマンのChristopher Kasker氏は「士官学校の学生の行動には各人の責任と軍として最高のプロ意識が要求される。行進中にモバイル端末は持っていたかもしれないが、使ってはいないだろうし、使うべきではなかった。スマホ操作のような違反があったら、たいていはその場ですぐに正される」とコメントしていた。「cadets may carry, but not use, a mobile device」と行進中でもスマホを所持している可能性は否定していない。行進中でもスマホを持っていたら気になってしまうだろう。

アメリカでもスマホの普及で「歩きスマホ」と「運転中のスマホ」は事故の原因として社会問題になっている。「歩きスマホ」は町中でも学校内でもあらゆるところで見かける。常にスマホを見てないと手持無沙汰であり、スマホが気になって落ち着かない状況は日本と同じだ。それでも陸軍士官学校の卒業生の行進時には相応しいものではない。