中国「歩きスマホ」で川に落ちて28歳女性死亡:ついに死者が出た、危険しかない「歩きスマホ」

「歩きスマホ」での川への転落事故を伝えるニュースより

中国の浙江省温州市で「歩きスマホ」をしていた女性が夜に川に転落して、溺死する事故が起きた。

■ついに死者が出た「歩きスマホ」

悲劇は2015年12月29日の夜20時22分に発生、28歳の女性が1人「歩きスマホ」をしていたら、真冬の寒い川に転落してしまった。悲劇の映像は防犯カメラにも記録されていた。川にはガードレールや柵などはなかった。戻らないことを心配した夫が翌日、心配になって近所を探したところ、川辺で妻の靴を見つけたとのこと。

夜の「歩きスマホ」でスマートフォンの画面に集中していたのだろう。足元の川に気が付かずに転落してしまったようだ。周囲には誰もいなかったので、誰も助けることができなかった。

「歩きスマホ」で転落死した女性は2人の子供の母親だそうだ。まさに「歩きスマホ」が生んだ悲劇である。

夜、周辺に誰もいない川に転落(防犯カメラの映像より)
夜、周辺に誰もいない川に転落(防犯カメラの映像より)

■「歩きスマホ」は命をかけてまでやることではない

日本でも駅や道路で「歩きスマホ」をしており、周囲が見えてない人が多い。「歩きスマホ」は自分だけは大丈夫と自己中心思考に陥りがちで、周囲の人に迷惑をかけるだけでなく、自分自身も危険な目に遭う可能性が高い。

また自分が事故に巻き込まれて、大怪我や死亡してしまうだけでなく、他人にまで怪我をさせてしまうこともある。つまり「歩きスマホ」によって加害者になってしまう危険もある。「歩きスマホ」は、とにかく危険である。

人命の方が「歩きスマホ」よりも遥かに重要なことは誰でもわかるはずだ。それなのに多くの人にとって「歩きスマホ」は今でも「わかっちゃいるけど、やめられない」のだ。

「歩きスマホ」は命をかけてまでやることではない。

ご冥福をお祈り申し上げます。

防犯カメラの画像で転落することがわかる。(chinatimes.comより)
防犯カメラの画像で転落することがわかる。(chinatimes.comより)