Facebook「災害情報センター」:パリの同時テロで安否確認サービス提供

(写真:ロイター/アフロ)

2015年11月13日にパリで発生した同時テロを受けて、Facebookはすぐに友人や知人に対して安否確認の情報発信をしたり、友人らの安否確認ができる「Facebook災害時情報センター Paris Terror Attacks」を公開した。

フランスの友人や知人とFacebookでつながっている人は、すでに多くのフランスの友人から「○○さんのパリの同時テロ事件についてでの無事が報告されました」というお知らせを受信した人も多いのではないだろうか。このFacebookのお知らせを契機に、パリの同時テロ事件を初めて知った人もいるかもしれない。

Facebookの安否確認サービス「災害時情報センター」は、災害の影響を受けた地域にいる場合に、友人に自分の無事を報告したり、友人の安否を確認することができる。

Facebookの安否サービスを活用して、フランスに在住のニュージーランド人でFacebookを利用している1,088人の無事が確認されたとニュージーランド外務貿易省は明らかにしている。

Facebookでは、2014年10月から本サービスを提供しており、2015年4月に発生したネパールの大震災の時にも活用された。Facebookは世界で15億人以上が利用しているため、フランス国内だけでなく全世界の友人や知人に安否のお知らせを通知することができる。震災やテロなどで安否確認が必要な時にも、Facebookが世界規模でのプラットフォームとなっている。