AKB48チーム8、初のフィリピン上陸:現地ファンは「ネット動画で予習」リアルで盛上がり

フィリピンのファンもネットで既にAKB48のことはよく知っている。(C)AKS

2015年11月7日、8日の2日間にわたり、フィリピンで「クールジャパン・フェスティバル」が開催された。そのイベントにAKB48 チーム8が出演し、2日間で計4回のパフォーマンスを披露した。

■AKB48 初のフィリピン上陸、すでに現地では大人気

日本から5時間程度で行けるフィリピンは、日本の真夏を思わせるような日差しと気温だったが、客席側からの熱狂的なフィリピン人ファンらの声援を受けて、大いに盛り上がっていた。

今回のイベントは、フィリピンの人々に日本の様々な文化を伝えるために企画されたもので、AKB48 チーム8 は「会いたかった」「希望的リフレイン」「言い訳Maybe」「ポニーテールとシュシュ」「制服の羽根」「恋するフォーチュンクッキー」など、AKB48やチーム8 の曲を披露した。

現地の会場では、メンバーの顔と名前が印刷された横断幕や、揃いのTシャツを着たり、思い思いのスタイルで応援してくださる地元フィリピンのファンの方々で埋め尽くされ、大盛り上がっていた。

チーム8の山田菜々美の垂れ幕を持って応援するフィリピンのファン (C)AKS
チーム8の山田菜々美の垂れ幕を持って応援するフィリピンのファン (C)AKS

■YouTubeなどネットで予習、検索しやすい「AKB48」

AKB48がフィリピンでライブを行うのは初めてだったが、フィリピン人のファンらは大盛り上がりだった。現地のファンらはYouTubeの動画やネットでAKB48については、既に多くのことを知っている。特にチーム8のイベントでは撮影可能なシーンが多いので、日本でのイベントでも多くのファンが動画で撮影して、それらをYouTubeにたくさんアップしている。特に最近のスマートフォンは4Kでの撮影が当たり前なので、非常に良い画質で撮影された動画が多くネットにアップされており、フィリピンだけでなく世界中の人がそれらの動画を見ることができる。AKB48グループの中でもチーム8は多くのイベントでファンが撮影した動画がアップされている。まだ出来て1年のチーム8だが、ネットにアップされているファンの動画によって世界的に有名になっているかもしれない。

また「AKB48」はグループ名を見ての通り「全てアルファベットと数字だけの名前」なので、日本語がわからなくても簡単にネットで検索ができる。世界中の人がネットで「AKB48」と入力すればいいので、簡単に検索できる。世界規模でネットで検索されることを考えると、グループ名がアルファベットと数字だけなのは非常に重要であろう。このようにリアルにAKBメンバーが現地を訪問する前から、フィリピンにも多くのAKB48のファンがおり、ネットで予習をしていた。そしてついに「リアル」にメンバーがやってきたことから、大いに盛り上がった。

今回のフィリピンでのAKB48チーム8のライブの様子もすでに多くのファンが撮影した動画がYouTubeなどにアップされており、ライブ終了後に、日本にいても世界中のどこにいても、その様子をネットですぐに確認することができる。クールジャパンはネットを通じて世界中に伝播している。

(C) AKS
(C) AKS
フィリピンでも大人気で多くの現地ファンらが盛りあがった。 (C)AKS
フィリピンでも大人気で多くの現地ファンらが盛りあがった。 (C)AKS

■ネット時代だからこそ、リアルに「会いに行く」ことでの盛り上がり

チーム8の太田奈緒(京都府代表)は以下のように当初は不安だったことをコメントしているが、その不安も打ち消すくらい既にフィリピンではネットを通じてAKBの認知度は高まっており、大人気で盛り上がりを見せた。ネットであらゆる情報が入手できる現代だからこそ、リアルに「会いに行く」時の盛り上がりは凄いのだ。

『始まる前までは、「海外の方に受け入れられてもらえるのか」「楽しんでいただけるのだろうか」と不安な気持ちでいっぱいでした。そして、チーム8は「会いに行く」アイドルとして活動をさせていただいていますが、正直言って、会いに行くのは「日本で」と思っていたところもありました。でもフィリピンの皆さんの前でステージに立たせていただいたとき、皆さんの声援と拍手がとても嬉しかったし、これからに向けての自信にも繋がりました。今回の機会は、自分たちにとって、とても刺激になりました。またみんなで日本国内でも海外でも「会いに行ける」よう、がんばります』

日本だけでなく世界中に「会いに行く」チーム8 (C)AKS
日本だけでなく世界中に「会いに行く」チーム8 (C)AKS
フィリピンの地元メディアからの注目も高いAKB48チーム8はメンバーの地元を紹介していた。 (C)AKS
フィリピンの地元メディアからの注目も高いAKB48チーム8はメンバーの地元を紹介していた。 (C)AKS

さらにチーム8のメンバーは12人でフィリピンの人気テレビ番組「It's SHOWTIME」にも出演して『会いたかった』を披露した。生放送の番組中はフィリピン人の多くのファンがTwitterでコメントを寄せていた。濱松里緒菜(徳島県代表)は得意の英語を活かして番組MCの方々と英語で会話をして、チーム8の魅力と日本の文化をフィリピンに伝えていた。また現地メディアの取材ではメンバーが自分の「地元のおすすめ」を紹介していた。例えば香川県出身の行天優莉奈は「讃岐うどん」を食べてもらいたいとアピールしていた。

初のフィリピンを楽しむチーム8のメンバー (C)AKS
初のフィリピンを楽しむチーム8のメンバー (C)AKS

▼フィリピンでの活躍ぶりと現地を楽しむメンバーの様子が伺える動画 (2015年12月8日公開)