Google「Android One」スマホ:メーカーの開発しやすい仕様に仕切り直し

Googleは新興国を中心にまだスマートフォンを持っていない「次の50億人(next five billion)」を対象に、低価格なスマートフォンを提供することを目指して、2014年6月に「Android One」OSを発表した。そして2014年9月から「Android One」OSを搭載したスマートフォンはインドの地場メーカーからの販売を皮切りに、アジアやアフリカなどの新興国や欧州の一部の国で次々と地場メーカーから約100ドル程度で販売されている。

■「Android One」スマホは全世界で300万台販売

インドで2014年9月にMicromax、Karbonn、Spiceの3社の地場メーカーから「Android One」スマートフォンが販売されたが、合計販売台数は1年で約120万台、インドで販売された50~100ドルのスマートフォンのうち3.5%程度しかなかった。また全世界19か国で「Android One」スマートフォンの販売台数は300万台だった。

■もっとメーカーが「Android One」スマホをしやすい環境へ

「Android One」スマートフォンはGoogleが新興国でのAndroid OS普及に向けて、新興国の地場メーカーに開発と製造を推進してきた。しかし、Googleの仕様では部品のほとんどが限定された部品間メーカーの中のうち1~2種類の中からしか選べず、メーカーにとってスマートフォン開発と製造に自由度がなく、端末の差別化を出すのが難しかった。

そこで、Googleではもっと自由に部品を選べるように、新たな「Android One」スマートフォンの開発に向けて仕切り直しを行っていると報じられた。これからはメーカーが複数の部品メーカーから複数の部品を調達し、それらから選択できるようになる。例えばカメラモジュールなら5種類以上の部品からメーカーが自社で製造するスマートフォンに合わせて選択できる。またメインのプロセッサにQualcommの製品を選択する必要がなくなり、Media Tekなど他メーカーの選択の余地が拡大する。メーカーが自由に部品を選ぶことができるようになり、製品と価格での差別化を出していくことができるようになる。メーカーが開発しやすい環境を整備することによって「Android One」スマートフォンの普及に弾みをつけていきたいとGoogleは考えている。

■新生「Android One」スマホ、まずはインドのLavaから

そして新たな仕様での「Android One」スマートフォンはインドの地場メーカーLavaから数カ月以内に販売される予定であると報じられている。2009年に設立されたLavaはインドで常に端末出荷台数の上位に登場するインドの地場メーカーである。

インドでは「Firefox OS」のスマートフォンが30ドル台で販売されており、100ドルのミドルエンド端末でも高価な部類になりつつある。スマートフォンの端末での差別化を出すのは難しくなってきている。特に使い勝手での差別化はほとんどないので、カメラや電池の持ちが新興国のユーザーにとっての端末選択基準になっている。新たな仕様でメーカーに開発、製造の自由度が広がった「Android One」は新興国に普及していくだろうか。

(主要な「Android One」スマートフォン販売国。公開資料を元に作成)
(主要な「Android One」スマートフォン販売国。公開資料を元に作成)