BlackBerry初のAndroidスマホ「Priv」アメリカで予約開始、699ドルで売れるのか

販売前から溺れているようにしか見えない (BlackBerry)

BlackBerryは2015年10月23日、同社として初となるAndroidを搭載したスマートフォン「BlackBerry Priv」をアメリカ国内で予約受付を開始した。同社は2015年9月の業績発表時に、BlackBerry初のAndroidスマートフォンをリリースすることを明らかにしていたことはここでも伝えた

■予約で699ドル、販売価格749ドルの超高価端末

「BlackBerry Priv」の販売価格は749ドル(約90,000円)だが、今回の予約販売で購入した場合は699ドル(約84,000円)である。150ドル値引きされ11月6日から出荷される予定。アメリカ国内のみでの販売で、スライドキーボード付きやプライバシー保護などセキュリティ機能を重視しているが、アメリカのスマートフォン市場でも相当に高い端末だ。個人では「すぐに買いたい」という気持ちになる価格ではない。企業などでのビジネスユースをターゲットにしているのだろうが、現在ではビジネスユースでもiPhoneやサムスンの端末などが多くなっており、BlackBerryがかつてのようにビジネスシーンで利用される端末として復活できるのだろうか。

■年間500万台のスマートフォン販売されなかったらスマートフォン事業から撤退か

BlackBerryのCEO、ジョン・チェン氏は2015年10月、サンフランシスコで開催されたイベント「Code/Mobile 2015」で、「年間で500万台のスマートフォンが販売できなかったら、スマートフォン事業から撤退するかもしれない」ことを示唆したことは以前にもお伝えした

BlackBerryが2015年第2四半期の3か月間で販売したスマートフォンは全世界で約80万台。単純に4倍しても320万台だから目標の年間500万台は相当にチャレンジングな数字である。

販売前から既に溺れて倒れているようにしか見えない。BlackBerryのサイトより
販売前から既に溺れて倒れているようにしか見えない。BlackBerryのサイトより

2009年~2010年頃まではアメリカ、カナダ、インドネシアなどでBlackBerryの人気は高かった。かつてBlackBerryの端末が人気があったのは、「BBM(BlackBerry Messenger)」が利用できたという要因が大きい。

しかし、現在では多くのスマートフォンが登場し「WhatsApp」や「LINE」などのメッセンジャーアプリは大量に出てきてしまい、BBMを利用する必要性がなくなってきてしまった。またアメリカでは現在スマートフォンを利用している人の多くがパケットや音声通話、SMS(ショートメッセージ)がセットになった定額料金のパッケージプランに加入して利用していることが多いので、SMSの使用料などを気にしていないで利用していることもBBMの利用頻度を低下させているだろう。

超高価なBlackBerry初のAndroidスマートフォン「BlackBerry Priv」が、BlackBerryの目標である年間500万台のスマートフォン出荷に大きく寄与するとも考えにくい。さらにアメリカ国内で「BlackBerry Priv」に対応している通信事業者はAT&TとT-Mobile USのみであり、Verizon、Sprint、US Cellularでは対応してないことも普及の足かせになりかねない。