BlackBerry、年間500万台販売されなかったらスマートフォン事業から撤退か

BlackBerryのCEO、ジョン・チェン氏は2015年10月、サンフランシスコで開催されたイベント「Code/Mobile 2015」で、「年間で500万台のスマートフォンが販売できなかったら、スマートフォン事業から撤退するかもしれない」ことを示唆した。

画像

■2010年には1年間で4,700万台以上販売していた

BlackBerryが2015年第2四半期の3か月間で販売したスマートフォンは全世界で約80万台。単純に4倍しても320万台だから目標の年間500万台は相当にチャレンジングな数字であり、黒字達成には必要な数字とのことである。

かつてBlackBerryはアメリカやインドネシアで人気が高かった。調査会社Gartnerによると、2009年には1年間で3,400万台以上販売しており、iPhoneやAndroidよりも多かった。2010年には1年間で4,700万台以上販売していた。しかしその後のAndroidスマートフォンの急速な成長とiPhoneの台頭で、BlackBerryの存在感はかなり小さくなってしまった。Appleが2014年の1年間で販売した端末が約1億9,000万台、もはやBlackBerryに逆転する余地は全くない。

(2009年、2010年のスマホOSシェア:Gartner発表資料を元に作成)
(2009年、2010年のスマホOSシェア:Gartner発表資料を元に作成)

BlackBerryは2015年9月にAndroid OSを搭載したスマートフォンの開発を進めていることを明らかにした。しかしAndroidスマートフォンは新興国の新興メーカーからも格安で大量のスマートフォンが出荷されており、競争は非常に激しい市場である。

500万台の数字を達成すればいいという訳ではない。利益を出さなくてはならない。低価格なスマートフォン端末は薄利多売で、利益率が良くない。BlackBerryの端末の平均販売価格(ASP)は240ドルである。利益を出すためにはハイエンドな端末が売れる必要がある。ハイエンド市場もiPhoneやサムスンなど競合が多く、見通しは決して明るくない。