Google、スマホの機能強化に向けてJibe Mobile買収:まだ諦めてないメッセンジャーアプリ

Googleは2015年9月30日、Androidスマートフォンでのメッセージ機能強化のために、Jibe Mobileを買収したことを発表した。Jibe Mobileは2006年に設立され、Rich Communications Services (RCS) と呼ばれるメッセンジャーサービスを提供していた。

RCSは、従来の「テキスト中心」のSMS(ショートメッセージ)から写真や動画など「リッチなコミュニケーションができる」メッセージサービスとして期待されていた。世界の通信事業者団体GSMAにおいても「SMSの次のメッセージ」として期待され、2012年から英国のVodafoneグループ、フランスのOrangeグループ、メキシコのAmerica Movilなど海外の通信事業者を中心に現在でも世界32カ国で提供されているようだが、利用している人には会ったことがない。

■Googleが強化したいメッセンジャーサービス

現在では世界規模でのスマートフォンの普及によって、日本ではLINEに代表されるメッセンジャーアプリが世界中で台頭して利用されるようになってきた。世界ではFacebook傘下のWhatsAppが月間アクティブユーザーが9億人、Messengerが7億人と圧倒的に利用者が多く、メッセージサービスはFacebookが牛耳っている。

Googleはソーシャルメディアやメッセージサービスは弱い。2011年6月にFacebookに対抗して「Google Plus」を開始したが、利用者はFacebookから移行しなかった。Google plus担当責任者のブラッド・ホロウィッツ氏へのインタビュー記事で「Google PlusはFacebookのライバルを断念した」とウォールストリートジャーナル(2015年7月28日)は報じていた。また「Google Voice」や「Google Hangouts」といったメッセージ系のサービスの提供も行ってきたが、WhatsAppやMessengerのように利用している人はほとんどいない。

世界中の情報を集めて、蓄積し、解析して広告や新サービスを提供して収益としていきたいGoogleとしては、メッセージサービスでのやりとりされる情報は宝の宝庫である。メッセージサービスを通じて、例えば「誰と、いつ、どのくらいの頻度で、どのような内容」のコミュニケーションをしているのかを把握し、それに適した広告やサービスを展開していくことが期待され、将来の収益につながる可能性が高い。

■Googleも欲しかったWhatsApp

FacebookはWhatsAppを190億ドルというFacebookにとっても同社の過去最高金額で2014年10月に買収を完了させた。Facebookが買収を発表する前には、GoogleもWhatsApp買収を検討しているという記事が多かった。メッセージ機能が不得手だったGoogleとしては、当時から世界で一番利用者が多かったメッセンジャーアプリであるWhatsAppは喉から手が出るほど欲しかっただろう。Facebookとしても190億ドルは破格の買収額のように見えるが、WhatsAppがGoogleに奪われてしまうのであれば190億ドルでも安い買い物ができただろう。歴史に「もし」は禁物だろうが「もしGoogleがWhatsApp買収に成功していたなら」現在のメッセンジャーアプリの業界地図はもっと違ったものになっていただろう。

もはやメッセンジャーアプリはどれでもほとんど機能は同じである。ユーザーエクスペリエンスもほとんど変わらない。つまり差別化が難しいサービスである。特にメッセンジャーアプリはゲームなどと異なり、「やりとりする相手」が必要で、独りで利用するサービスではない。

Androidスマートフォンは2014年の1年間で世界で10億台以上出荷されているが、Googleとしては端末だけが流通しても、そこでGoogleのサービスが利用されない限り収益にはつながらない。スマートフォンにデフォルトでプレインストールされているが、利用しないアプリやサービスはたくさんある。GoogleがJibe Mobileを買収してRCSがAndroidスマートフォンでデフォルトで利用できるようになったからといって、現在WhatsAppやMessenger、LINEなどを利用している人が、果たしてRCSを利用するのだろうか。