Twitter、インドネシアでようやく本格的に市場開拓:人気があるうちに確立しておきたい収入源

インドネシアでは若者を中心にTwitterの人気は高い。Twitterは、そのインドネシアに1年前に事務所を設立して、インドネシアでの営業を強化する予定だったが、CEOのDick Costolo氏が辞任を表明するなどの「お家事情」があり、インドネシアでの活動は停滞していた。そのインドネシアで、9月1日にRoy Arnold Simangunsong氏が事務所のヘッドとして就任し、ようやく事務所で人材募集を始めたと報じられた。

Twitterは2015年6月にシンガポールにアジア太平洋地域の地域本部の事務所を設置し、販売、マーケティングやイノベーションの拠点としたばかりである。

今回、増員されるTwitterのインドネシアの事務所では、広告代理店やスポンサー企業への営業、新サービスに向けた提携や、マーケティングを行っていくそうだ。インドネシアは人口2億5,000万人以上で、スマートフォンも急速に普及している。ジャカルタでは若者を中心にほとんど全員がスマートフォンを利用している。コンビニやコーヒーショップ、公共交通の中、大学などでは、多くの若者がスマートフォンの画面を見つめている。

■あらゆる情報が発信される、インドネシアで大人気のTwitter

インドネシアの若者らの間ではTwitterが大人気である。個人でもTwitterで多くの写真やら動画を発信している。さらに、レストランや多くの店舗もTwitterで積極的に情報発信を行っている。ニュースやテレビドラマ、バラエティ番組などメディアもTwitterを活用して、ニュースや情報を発信している。ほかにも芸能人やアイドルもTwitterでファンに向けて情報発信をしている。インドネシアで若者に人気があるアイドルグループJKT48のメンバーも、ほぼ毎日Twitterで情報発信をしている。

フォロワーの多くがそれらのコメントにリプライや、リツイートをしてコミュニケーションを楽しんでいる。日本のAKB48から移籍してJKT48で大人気の仲川さんは流暢なインドネシア語でつぶやいて、フォロワーは113万を超えており、現地でも大人気だ。他のメンバーのTwitterも30万~100万のフォロワーがいて盛況だ。

Twitterも大人気のJKT48の仲川さん (C) JKT48 Project
Twitterも大人気のJKT48の仲川さん (C) JKT48 Project

このようにTwitterはインドネシア人にとって重要な情報のプラットフォームとなっている。インドネシアでは検索してニュースを探しに行ったり、ニュースアプリを利用するよりも、TwitterやFacebookなどソーシャルメディアに流れているニュースや情報、友人や有名人がツイート、リツイートしたコメント、情報を見ていることが多い。

また最近では動画の投稿も多くなっており、Roy Arnold Simangunsong氏によるとここ3か月間でインドネシアのTwitter利用者の40%が動画を投稿しているとのこと。インドネシアの有名人らも写真だけでなく、動画で音声や動く姿をフォロワーに届けている。動画は今後も確実に増加していくことが想定されている。

■Twitterだけでない、たくさんあるコミュニケーションのプラットフォーム

それでもスマートフォンが急速に拡大してきたインドネシアではTwitterだけでなく、FacebookやInstagramなどのソーシャルメディアの人気もあり、さらにメッセンジャーアプリもMessenger、WhatsApp、LINE、WeChatなどが大人気である。LINEもインドネシア市場を重要な市場と位置付けており、たしかにLINE利用者は多いが、最近ではFacebookのMessengerが多くのインドネシア人に利用されており、人気が高くなってきている。インドネシア人は移り気で、新しいものと、みんなと同じものが大好きだ。

かつてインドネシアではBlackBerryが大人気で、インドネシアでは「BlackBerryはスマートフォンの代名詞」だった。そしてBBM(Black Berry Messenger)の人気が高かったが、現在ではスマートフォンのほとんどがAndroidで、地場メーカーや中国メーカーの安い端末が大量に流通されており、BlackBerry端末もBBMの利用者も減少した。

■インドネシアで人気があるうちに収入源を確保したいTwitter

Twitterは現在、世界での月間アクティブユーザー数は3.16億人である。Facebookの14億人に比べると非常に小さい。収益の90%以上を広告に依拠しており、今後もそのビジネス構造は当面変わらないだろう。2015年第2四半期(2015年4~6月)の決算では売上高は前年同期比61%増の5億200万ドルだが、研究開発費などが嵩んで、純損失(赤字)は1億3,700万ドルだった。そして広告売上全体の約63%はアメリカ市場である。

Twitterもインドネシアで、いつまでも現在のような人気を維持できる保証はどこにもない。Twitterはインドネシアでの本格的なマーケティング活動が1年遅れたが、インドネシアで人気があるうちに、同市場において広告収入の基盤をしっかりと確立しておき、さらに新たなサービス開発や提携をしておきたいところだ。