AKB48チーム8とふなっしー、香港で「東日本の魅力をアピール」:ネットでは見えないリアルな日本へ

(C) AKS

2015年8月13日から17日まで外務省は、香港コンベンション&エキシビション・センターにて開催中の香港フードエキスポ2015にジャパン・ブース「東日本美味しい魅力展」を出展していた。

“伝えよう,東日本の新しい魅力~まだ,知られていない、 素晴らしい東日本の魅力発信!~”をコンセプトに、まだ知られていない東日本の魅力を「食」「自然・景観地」「四季」「人・文化」の4つのコンテンツを通じて発信していた。

イベント初日の8月13日はオープニングイベントを開催。 オープニングイベントには、「東日本美味しい魅力展」の応援大使であるAKB48チーム8から清水麻璃亜さん、 佐藤栞さん、 吉川七瀬さんが登場した。オープニングライブで華やかに幕開けを飾った。AKB48のチーム8にとっては初の海外イベントでのステージ出演だった。いつもは大人数での出演だが、今回の香港では3人で『会いたかった』『47の素敵な街へ』『恋するフォーチュンクッキー』の3曲を披露した。

チーム8初の海外イベントでのステージ出演 (C) AKS
チーム8初の海外イベントでのステージ出演 (C) AKS

■日本のことはネットでよく知っている香港

香港でもAKB48グループは大人気である。現地のファンらはインターネットで多くの情報を得ており、日本人よりも詳しい人も多い。HKT48も香港でコンサートを開催したことがあり、現地で大人気だった。いつもは動画サイトやTwitterなどインターネットでしか見ることができないAKB48のメンバーが香港を訪問したことは現地での注目度も高かった。

▼現地のメディアに囲まれるAKB48チーム8のメンバー。現地での注目の高さが伺える。

左から清水麻璃亜さん(群馬)、佐藤栞さん(新潟)、吉川七瀬さん(千葉)

(C) AKS
(C) AKS

その後、 開催地である香港からのゲストTracy Chuさんを交えたトークショーでは、 AKB48チーム8から自身の出身県の名産や観光地を紹介した。

群馬県出身の清水さんは「温泉が多い県なので温泉です」

新潟県出身の佐藤さんは「新潟と言えばお米が一番の魅力です」

千葉県出身の吉川さんは「日本の人気テーマパーク上位3位が全て千葉県なところです」

とそれぞれの出身県の魅力をアピールした。

チーム8は各都道府県から1人ずつ代表メンバーがいて、総勢47人で構成されている。今回も群馬、新潟、千葉と東日本地域からのメンバーなので、地元についても自信をもってアピールすることができる。

▼普段はネットでしか見れないアイドルに会いに展示場に来た地元のファン。

(C) AKS
(C) AKS

また、 応援大使でもある「ふなっしー」をモチーフにした“ふなっしーキャラ弁”もステージにてお披露目した。お弁当を食べたTracyさんは、「お米が大好きなのでおいしいです」とコメントした。日本のお米は香港でも人気があるようだ。

夕方のステージでは、「ふなっしー」自ら名産品の魅力を伝えるべく、イリュージョンにて群馬県産のこんにゃくの食レポを披露した。「この食感!!みごとなさわやかさで、 おしさはじけるなっしー!!!!」と「ふなっしー節」で東日本の美味しい食材のPRをした。

■ネットだけではわからないリアルな日本へ

香港では日本の「ゆるキャラ」やアニメなども大人気である。香港でも日本の情報はインターネットで現地の人はよく知っている。どのような情報でも「あっという間に」ネットで拡散される時代だ。だからこそ、このような展示会を通じて日本や日本食の魅力をさらに知ってもらうことによって、香港の人にも「ネットだけではわからないリアルな日本と美味しい日本食」に足を運んでもらえる機会になっただろう。

現代はインターネットで世界中の人が日本について知れるようになった。それでも日本に来ないとわからないものも多い。特に「美味しい食」とそこでの「人との触れ合い」は足を運んで地元でしか味わえないものが多い。日本には簡単に来れなくとも、このような展示会を通じて、これからも世界中に日本の魅力が伝わることを期待している。

▼「東日本美味しい魅力展」の応援大使であるAKB48チーム8と「ふなっしー」

(C) AKS
(C) AKS

▼オープニングイベント終了後には、 林芳正農林水産大臣がジャパン・ブースにかけつけ、 「世界で最も食べたいと言われている日本食。 それぞれの県の特色ある名産物・旬なものをぜひ召し上がっていただきたい」とコメントした。

画像

▼香港でのAKB48メンバーのオフショット。

(C) AKS
(C) AKS

世界各地の食事はPCやスマホの前のネットでは味わえない。日本人が香港で地元の食事を楽しむように、世界中の人にも日本の食文化の魅力が伝わり、日本を訪問してくれることが期待される。