シュワルツェネッガー、73歳で初孫。ハリウッド的には遅いのか?

(写真:REX/アフロ)

 アクションスター、元カリフォルニア州知事、ボディビルダー、夫、父。そんなアーノルド・シュワルツェネッガーの肩書きに、新たに「祖父」が加わった。昨年クリス・プラットと結婚した長女キャサリン・シュワルツェネッガーに、赤ちゃんが生まれたのである。女の子で、名前はライラ・マリア・シュワルツェネッガー・プラット。プラットがインスタグラムで報告するところによると、母子ともに健康だそうだ。

 シュワルツェネッガーは、現在73歳。結婚したのが38歳だったこともあるが、一般的に見れば、初孫を迎えるには遅いといえるだろう。だが、彼同様に長いことハリウッドで活躍してきた男優仲間においてはどうなのだろうか。そう思って見てみると、遅めの例も、結構ある。

 たとえば、現在70歳のリチャード・ギアには3人子供がいるが、2番目の妻との間にもつ長男は20歳、3番目の妻との間に生まれた息子はそれぞれ1歳と0歳で、初孫誕生はシュワルツェネッガーの73歳より遅くなりそうである。ブルース・ウィリス(65)がデミ・ムーアとの間にもうけた3姉妹も、20代後半から30代前半になっているが、誰も結婚しておらず、近々孫のできる気配はない。現在の妻との間にできた娘たちは、まだ8歳と6歳だ。ジェイソン・ステイサム(53)のひとり息子もまだ3歳で、彼がおじいちゃんと呼ばれるのは、かなり先だろう。

 シュワルツェネッガーのかつてのライバル、シルヴェスタ・スタローン(74)にも、孫はいないようである。なぜはっきり「いない」と言えないかというと、彼の最初の妻が生んだふたりめの息子については、現在50歳か51歳であることと、自閉症と診断されたこと以外、ほとんど情報がないからだ。ひとりめの息子は、不幸にも、心臓病で36歳の若さで亡くなっている。現在の妻との間にいる3人の娘たちは、10代から20代前半。

 一方で、早々と孫のかわいさを味わった仲間たちもいる。たとえばハリソン・フォード(78)には4人の孫がおり、一番上はすでに20代後半だ。現在の妻カリスタ・フロックハートと育てる養子は2001年生まれなので、孫たちと一番下の子がほぼ同世代ということになる。また、ジム・キャリー(58)とニコラス・ケイジ(56)は48歳、チャーリー・シーン(54)は47歳で、それぞれ初孫を迎えた。孫が生まれた時、メディアに対し、キャリーは「最高のフィーリング。こんなに素敵な喜びはない」、シーンも「表現が不可能なくらいワンダフルなこと」と語っている。

 そしてデビッド・ベッカム(45)も、もしかしたら彼らと同じくらいで初孫体験ができるかもしれない感じだ。彼の長男ブルックリンが、まだ21歳ながら、先月、5歳年上の女優ニコラ・ぺルツと婚約したのである。ぺルツの両親はビリオネアで、結婚式は豪勢なものを2回、違った場所でやると決まっているとのこと。

 こんなに若くして早々と結婚を決めたのには、仲良く家庭を築いてきた両親を強く尊敬しているからだそうだ。ベッカム夫妻の間には4人子供がいるので、自分もまた大家族を作りたいと夢見ているのかもしれない。婚約を報告するインスタグラムでも、彼は「良き夫になること、そしていつか良き父になることを約束します」と誓っている。とは言っても、「いつか」がいつになるかは、もちろんわからない。しかし、それを待つ間にも、ほかに素敵な報告をしてくれるセレブがきっと出てくることだろう。新型コロナで世界を暗いムードが包む今、誰かの幸せを伝えるニュースは、いつも以上に大歓迎だ。おじいちゃん、おばあちゃん、パパ、ママ、赤ちゃん、みなさんの幸せとご健康をお祈りします!