昨年取材したマンションで最も印象的だった「ハイムスイート朝霞」、その豊富な工夫を紹介

奥に見える建物が「ハイムスイート朝霞」。右側に隣接する商業施設がみえる。筆者撮影

 「ハイムスイート朝霞」は、埼玉県朝霞市内に建設中の大規模マンションだ。事業主は、積水化学工業。一戸建て住宅の「セキスイハイム」の会社であり、「ハイムスイート朝霞」は、同社にとって初めての分譲マンションとなる。

 その建設地は、東武東上線の朝霞駅を最寄りとし、かつては積水化学工業の工場があった場所。約7万3400平米の広大な敷地に、一戸建て住宅地とマンションを建設。隣接地にイトーヨーカドーとカインズがある大型商業施設「くみまちモールあさか」を配置し、全体を「あさかリードタウン」とするスケールの大きな計画だ。

 一戸建てのエリアと「くみまちモールあさか」はすでに完成しており、現在、分譲マンション「ハイムスイート朝霞」の販売が行われている。

 このマンション、びっくりするくらい盛りだくさんの工夫を採用。2020年に取材したマンションで、最も印象に残ったマンションとなった。

 その内容を紹介したい。

「自社工場跡地に、初のマンション」という思い入れから……

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2021年1月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2021年1月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。