6月売れ行き好調な「首都圏郊外大規模マンション」、その人気は本物なのか?

都心ではなく、郊外で分譲されている大規模マンションが人気を高めている。筆者撮影

 埼玉県の「ウエリス浦和美園」、神奈川県の「グランアリーナレジデンス」、東京都下の「リーフィアレジデンス橋本」、千葉県の「ルネ稲毛グランマークス」……いずれも、6月以降、売れ行きや販売センターへの来場者が大幅に増えている新築分譲マンションだ。

 その共通点は、「郊外大規模マンション」であること。都心マンションではなく、タワマンと呼ばれることが多くなった超高層マンションでもない。そして、20世紀までは新築マンションの王道だったが、近年は超高層マンションの影に隠れてしまった感のある郊外大規模……。それが、今、人気を高めている本当の理由と今後の見通しについて、現場取材を基に解説したい。

6月が好調だった本当の理由は

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2020年6月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2020年6月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。