コロナ禍を通して浮き上がった マンションならではの3つの強みとは

コロナ禍を通して、改めて感じるマンションのよさがある。それは、3つの特性だ。(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

 新型コロナウィルスによる経済への影響が深刻化している。東日本大震災の後もそうだったが、このように大きな厄が起きると、消費モチベーションが下がる。「しばらくは、大きな買い物を控えよう」という動きが広がるので、マンションの売れ行きが落ちるという予測も当然のように出てくる。

 しかしながら、東日本大震災の後には、「だから、マンションを買う」という動きもあった。次に大地震が起きたときの不安があるので、古い木造住宅から新築の鉄筋コンクリート造マンションに移りたい、という人たちが少なからずいたからだ。

 仙台においては、地震直後から空前のマンションブームが起きた。家を失った人、これまでの家に不安を感じた人が頑丈な都市部のマンションに殺到したのである。

 そして、都市ガスの復旧が遅れていた仙台では、「オール電化」で、しかも「免震構造」のマンションに人気が集中し、2つの条件を備えたマンションは、つくるそばから売れてゆく、という特殊な状況が生まれた。

 では、今回のコロナ禍ではどうだろう。コロナ禍で浮かび上がる、マンションならでは強みはあったのか。もしあれば、それはコロナ禍を経験しても、なおマンションを買う動機付けになるはずだ。

 そんな、コロナ禍に負けないマンションならではの特性を不動産のプロ向けに考えてみた。

戸建てにはないマンションの強み

この記事は有料です。
資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

サービス名

資産価値はもう古い!不動産のプロが知るべき「真・物件力」のバックナンバー2020年5月サンプル記事

櫻井幸雄

価格

1,100(記事3本)

2020年5月号の有料記事一覧

すべて見る

今、マンション・一戸建ての評価は、高く売れるか、貸せるかの“投資”目線が中心になっていますが、自ら住む目的で購入する“実需”目線での住み心地評価も大切。さらに「建築作品」としての価値も重視される時代になっていきます。「高い」「安い」「広い」「狭い」「高級」「普通」だけでは知ることができない不動産物件の真価を、現場取材と関係者への聞き取りで採掘。不動産を扱うプロのためのレビューをお届けします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

あわせて読みたい

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。